「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!
日々垂れ流し。
by pyababy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2016

新幹線の中で暇なので、そんな感じのことを書く。

人が止まるときは、考える事をやめた時なんだなということに、ようやく確信が持てた。多分みんな条件は同じで、昨日より一歩でも良くなるってことだけなんだけど、それすらも諦めてしまったり、そこを考える余裕すらなくなってしまっていたりする。

きついなーとか、つらいなーとか思うことの方が圧倒的に多いんだけど、そんな感じの自分でいて良かったかなと思ったりすることもある。

多分そんな感じで2016も過ごすんだろうな。

[PR]
# by pyababy | 2016-01-01 20:11

話すことが変わる

友達だと思っていた人たちと、会話の内容が合わないことが増えた。なんで未だにそんなことに頭を使ってるのと思っちゃったりして、素直に共感できないことが増えた。多分それはしょうがないことなんだけど、すごく寂しいなと思う。

前に偉い人にそんな話をしたときに、前に進もうとしている人と現状維持を決め込んでいる人との差だからしょうがない、といったことをいわれた。そんなもんなのかなと、腑に落ちないけど納得させてみたりした。

なんというか、止まってしまった人たちと話すことは特に無いかなと思うんだけど、彼らがしょーもないことを考えずに、もっといい方向にだけ進んでいけたら良いのになと思うことが増えた。

つまんなくても自分を納得させて何かをするのが大人なのかもしれないけれど、なんかつまらんなと。止まってしまってることで消耗しちゃってる人たちが、なんかもう一歩踏み出せるための何かが欲しいなと。

どうやりゃいいのかわかんないけど、そんな感じのことをやりたいなと最近は思う。

[PR]
# by pyababy | 2015-12-12 23:29

プロダクト

プロダクトって何なんだろうってのを考えることが増えた。良いプロダクトとは、みたいな感じの問い。あんまり答えは出てないんだけど、いろんな人に愛されるだとか、プロダクト愛を持った人が作ってるだとか、そんなところが大事なのかなと思ってる。
コードを書けば、Webサービスなんてものは誰でも作れる。でもそれが世の中に受け入れられて、良いプロダクトと呼ばれるためには、コードを書く以外の何かが大事だよねと。少しでもそのプロダクトを良くするためにはとか、好きになってもらうにはとか、その辺はもう愛とかその辺の世界だよなと。

世の中にある良いプロダクトを色々みたり、作ってる人と話したりしてみても、そんな感じの結論になる。

今作ってるプロダクトには、そんな感じの愛はないかなと思う。たぶんそこが、雇われと自分でやるプロダクトの違いなんだろなと思う。なんかどこかで線を引いてしまう。ああ、どうせこれは会社のプロダクトなんだって。売れたから、良いものを作ったから、何になるんだって。

細かいこだわりとか、妥協しちゃったところとか、たぶんその辺もすべてそう。この辺りを妥協せずに作り切ったプロダクトで、どこまで勝負できるのかってのには少し興味がある。



[PR]
# by pyababy | 2015-12-10 23:18

近況その2

なんとなく過去に見ていたBlogとかを巡回してみたら、
ほとんどのBlogはもう死んでるんだけど、幾つか生きているものもあってちょっと驚く。

ほーむぺーじという単語はもう死語になっていて、
Blogという言葉も、まあ「芸能人が書くもの」といったものに成り下がったのかな。
いまは、当時は流行るとも思っていなかったFacebookやTwitterが、
流行終わってそろそろ廃れるところに差し掛かっている。

僕らが思うよりも、周りの景色の流れは速くて、
それでいて僕らの歩みは遅い。

「組織の成長に人の成長が追いつかない」
といった言葉は、まあ嘘だと思ってたんだけど、本当なんだね、これ。
ちょっとびっくりしてるんだけど、自分はまだまだ追いついていけるけど、
多分周りのメンバーはほぼ置いてかれている。
下手したら一週遅れくらい。

なんでそんなことになったのかなって思ったら、
守りに入っちゃったからなのかなーって思った。
今の現状を守ろうとしたり、しょーもない権力争いしてる間に、
肝心の事業の中心からは置いていかれちゃってるんだよね。
人も増える、プロダクトも大きくなる、その中で自分の価値や役割は薄れていって。
だけど、「自分の価値を出すため」には守りに入るしかない。
アホくせーなって思って見てた。

別の見方をすれば、守りに入った彼らは非常に邪魔な存在だ。
成長しようとしているはずの組織に、成長を望まない人たちがいる。
かといって、彼らを辞めさせる手段はない。

こんなときに、人は「追い込み部屋」を作ったり、
理不尽な人員配置をしたりするんだろうなと思った。

僕は僕で、このよくわからない感じの状況に飽き飽きしてきた。
何もしなけりゃつぶれるんだから、何かやるしかないのに。

一人ではどのみち何もできないから、仲間集めてやってんのに、
1+1が1.1くらいにしかならない状態はなんなんだろう。
1+1を8くらいにすることに、チームで仕事をする意味がある。

そんなことを思ってたら、ROを思い出した。
よくよく考えれば、自分はただのネトゲ廃人だったし、今も大差ない。

この前友人と飲んでいたときにふと気づいたのだが、
多分リアル世界よりネトゲの世界の方が難しい。
チートやレアアイテムがない分、ある意味平等だし。

CS強かったなって久々に思い出したけど、
この集団が強かったのは、「目的に対しての意志の強さ」があったからなんだよな。
たかがゲームだったけど、プライドがあったし、
それを行うために「計画」を立てて、それらを「やりきっって」いた。

多分リアルの仕事の世界もきっとそんな感じなんだよな。
プライド持って、しっかり計画して、やりきる。
それだけで勝てるはずなんだよな。

今の組織にはその三つが全部無い。
多分、このままで勝つ手段は「運」以外に何もない。
「計画」については与えることができるが、
「やりきる」部分についてはプライドが必要で、メンタルの改革が必要で時間がかかる。
そして、「目的」の部分については今更どうしようもない。

そんな部分を整えている間に、Revに負けてしまうんだろう。
彼らは彼らで、強かったし。

今自分が持っている戦略的な思考は、多くがGvで培われたと思われる。
仕事なんかの数億倍真剣にやってたし。
僕はまあ、考え方の違いで脱退したあとに自分で作った組織は諦めちゃったし、
結局強い組織に入って自分を活かすことを選んだんだけど、
ゆるーく楽しめたのは「考え方の近い強い組織で自分を活かしたとき」だったかなーと。
ちょっと楽しかったのは、「自分の組織を育ててたとき」だったかなーと。

むりやりまとめると、勝つ気がない組織に自分がいる意味はねーなって感じなのかな。

久々にBlogをきちんと書くと、ちょっと頭がすっきりした。
[PR]
# by pyababy | 2015-04-28 02:04 | 日常

近況

○仕事は当たり前だけど慣れた
・2ヶ月くらいで慣れた。ちょっと遅かったかも。
・プロダクトの理解と、外部環境の理解が案外時間がかかった。
・仕事の進め方は、よしなになんとかなったが、経験が足りないかな。

○意外とやれることが多かった
・システムがある程度わかる何でも出来る人というのは需要がある。
・どんな職種でも、ある程度の仕事はこなせるように思える。
・これまでやってきた人モノ金の管理は、非常に大事のようだった。

○穴が色々見える
・事業戦略面の穴とか、細かい点が考慮されていないこととか。
・この辺、自分がなんとかしないと会社がまずいっていうのは今まであまり考えたこと無かった。

○勉強できてない
・業務でのインプットが多くて、業務外のインプットが不足していた。
・多分、一定期間にインプットできる絶対量が決まっていて、
 それに達する場合は業務外のインプット量は自然と減ってしまう。
・ただそれだと、のびていかないのでなんとかしないといけない。

○友人関係
・話が合わないなーと思うことが増えた。
・大企業での人生を前提とした人生設計をしている友達が多かったりして、
 何でそんなんで楽しいのかなとか思ってしまうようになった。
・自分がいる環境によって、必要と思う人間関係って違うのかもしれない。
・住んでる世界が違うっていう感覚は、多分正しいっぽい。
[PR]
# by pyababy | 2014-10-05 11:16 | 日常

仕事を辞めた話

色々あって転職することになったのですが、
その色々を記録しておこうかなと思ったのでつらつら書きます。

○なんで辞めようと思ったか
元々、大企業に長く勤めるつもりは無かったのですが、
仕事内容というよりも、組織自体への嫌気が限界に達したことが一つ。
もう一つは、今の仕事を行っていく中で、将来的にやりたいことが自分の中で明確になってきて、それに向けて動くなら今かなと思ったこと。

もう少し細かく書くと、、
・スピード感に欠けすぎたこと
・組織の体質として、顧客のことを考えて提案が出来ないこと
・保守的であり、最新技術を使った提案や構築なんて全く出来なかったこと
・評価システムが曖昧であり、年功序列が浸透しきっていること
あたりが嫌だなと思ってました。
所謂、大企業病に耐えられなくなったってところです。

大企業ならではのプロセスであったり、組織だったりがめんどくさくて、
やっぱり一人か少数で何かをやるしか無いんだなという思いが強くなって、
今に至るという感じです。

学生のときから大企業は合わないと思っていたことを、
丸四年かけて自分で証明したといったところです。

○なんで次の会社に行こうと思ったか
正直なところ、独立して一人で何かをやるかどうかで悩みました。
ただ、「これ」っていうアイディアが浮かばなかったことと、
一人でやってみる自信が無かったというのが本音です。

その前に、修行の意味でスタートアップの企業で働きたいなと思いました。
そんな自分を、経営に関われる立場で拾ってくれた伸び盛りの企業ってのが、
たまたまあったから飛び込んだというのが決め手でした。

お金的には今のところよりも下がるんですが、
20代のうちはお金より経験かなと、直感がそいういいました。
「20代の200万300万の差なんて、屁みたいなもの」
という知り合いの偉い人の言葉にも一押しされましたが、まあそんなもんかなと思いました。

○辞めるにあたって思ったこと
よくある話ですが、
・安定と高給を捨てること
・外から見たときに、今いる会社が実はすごく良い会社だったこと
・別の部署に異動すれば何かが変わるのか
なんてことを今の会社を辞めるという観点では考えました。

安定ってのはまあ間違いなくて、少なくとも30歳くらいで1000万貰える会社とか、今の世の中あんまりない訳で、ちょっと捨てがたかったです。実際に求人をみてみても、今の会社以上にお金をくれるところはほとんどなかったです。

とはいえ、経験は金じゃ買えないなってのと、何となくですが、市場価値を高められれば別にそれくらいなんとかなるんだろうなという、根拠の無い自信がお金と安定という思考を切り離しました。

今の会社が良い会社かどうかという問いは非常に難しくて、
外からみた部分では間違いなく良い会社だと今も思っています。
ですが、私に取っては微妙な会社だったというのも事実です。

年功序列かつ高給。
この組み合わせは、確実に人をダメにするんだなと。
何もしなくてもお金がもらえるんだから、何もしないのが勝ちみたいな空気が、
個人的には耐えられませんでした。

少し頭を使うとわかるんですが、今の会社だと、何もしないのが一番楽でした。
リストラも無く、ある程度の職階までは何もしなくても上がっていく。
その状態で、多分働く意味は無くて、それに気づいた人たちが、
徐々に楽をしていっている事実にイラつきが耐えませんでした。
40歳とかで、ほとんど何もしていないのに、新しい技術も覚えないのに、
仕事も他人に丸投げなのに、自分の倍くらい金をもらっている人が、
自分の視界にいるという事実が、嫌でした。

若手としては結構仕事をこなしていた気もしたのですが、
それを何らかの形として評価されなかったということも嫌だったなと思います。
他社と比べたらお金はもらっていましたが、
社内の相対評価でみたときに、イラつきが酷かったなと思います。
自分がPMで年間数億クラスを動かしていたのに、その下で何もしていない院卒の後輩や、休職後に何も働いていない院卒の同期の方が、給料もボーナスも上というのが、やる気を完全に削ぎました。

結局は金かといわれるとそうでもないのですが、
働いたことに対しての評価は、結局のところ金でしかないので、
そこに矛盾がある働き方ということが、多分すごく嫌だったなと思います。

黙って働けといわれればそれまでなんですが、
人によって何が大事かというところが違うはずで、
自分にとっては「正しく評価され、評価に見合った対価が支払われること」
ということが今の会社で働く上では大事だったのかなと思います。

○今の心境とか
辞めるということを上司に伝え、その後、諸々面談したり、
色んな人と飲みにいったりする中で、色々気付かされるものがありました。

・意外と評価されていた
上司や周りの人はそれまであまり口に出さなかったですが、
すごく良い評価をいただいていたみたいで、
辞めるのが残念だといったことを自分の部署の多くの方から言われました。

上司や部長からも、いつでも戻ってきてほしい、なんてことを言われました。
これって、結構嬉しかったです。

でも、ちょっと遅いんだよなあと思ってしまいました。
それなら、ボーナスを少しでもあげてくれたらいいのにとか、
評価しているってことをもっと伝えるべきだなと。

辞める前に言われても、遅いんだよなあってのが本音のところでした。

自分が上司になった際は、その辺はきちんと伝えて、
評価している感を出そうかなと思いました。

・仕事は別にそこまで嫌いじゃない
新しい仕事は、不安も多少あるけど、楽しみな部分が大きい。
今の仕事は、金のためにやっていたのが本音だけれども、
次は単純に楽しみたいし、将来に向けて色んなことを学んでみたい。


○仕事全般に対して思うところ
仕事について今の自分が考えていることを記す。

仕事の満足度は、下記の式で表されると色々振り返ってみて思いました。
「仕事内容×対人関係×お金」

仕事が楽しいことってのは、多分大事。
自分自身も、楽しい仕事に関わらせてもらった時期があり、
そのときは仕事に対しての満足度はそこまで低くなかった。

対人関係は、なんだかんだで大事。
誰と仕事をするのかという一点だが、顧客も含め、
対人関係に恵まれると非常にやりやすくなる。
周りを巻きこんで対人関係全体を良くしていけるスキルを持った友人がちょっと羨ましい。

やっぱり最後はお金だと思う。
自分が今の仕事を4年続けられた理由の9割以上はお金だった。
お金はなんだかんだで、その他のことを納得させてくれるツールだと思う。
やりたいことがわからないなら、金で仕事を選ぶべきだと今でも思っている。

○まとめ
大企業で働くという経験や、大企業を相手にした仕事をするという経験は、
やらないとわからない部分で、新卒で大企業に入ってよかったなと思っている。
また、その中でも結構特殊な部署に配属されて、
若手のうちからPMなどの管理者的な立場で仕事をこなせたことも、
結果的には良かったかなと思いました。

でも、やっぱりこの人たちとは考え方が違うなあってのと、
自分のやりたいことってこんな感じかもっていう好奇心が勝ちました。
[PR]
# by pyababy | 2014-04-10 22:42 | 日常

2013年のはなし

去年立てた目標とそれに対する達成度を記載する。

目標
-----------
体型キープ(62~3kg、ベンチ110kg、フルスクワット120×10)
→△ 体重とかはキープ。でもベンチが初めて3桁割った。
2014年はまじめに筋トレする。誓う。

80冊は読む
→×多分30冊くらいしか読めてない。やばい。

仕事で、自分だけでなく、チームとしての効率化ができるようになる
→◎これはよくがんばったと思う。
 チームとしての効率化という観点から、色んな施策がうてたと思う。

Javaを極める
→×そもそもJavaかいてねーっす。。。
.NETかPHPかRubyしかかいてねーわ。。おわた。。

スマホのアプリを一本作る
→× 最近タブレットとかスマホに興味が無い。
 流れとして、これがはやる気がしない。


書道をはじめる
→× こんな目標を立てたことすら忘れていた。おわた。。。

スノボで360をコンスタントに決めれるようになる
→△ だいたいまわせるようになった。

部屋を綺麗に保つ
→△ いつでも人が呼べる状態ではある。

見た目(服装・髪型等)も気を遣う
→◎ 多分、イケメンになった。とかいわれるわろす。

ハッカソンとかに参加してみる
→× それっぽいとこにはいったけど、なんか違う気がした。

専門分野のカンファレンスとかに参加してみる
→×専門がそもそも何かわからない。模索中。

青森秋田らへんを攻める
→×攻めれてない。そのかわり、台湾攻めた。

彼女を嫁にする
→別れた。
-----------

うーん。今年は振り返ると、あんまり思いでもないし、微妙な年だったなあ。

転職したいとかいいつつ、具体的な活動はしてみたものの、
今いる企業の良さに気づいたりとか、だめなパターン。
来年はちょっとその辺まじめに考えてみたりする。

仕事面でいえば、PMになったりとか、いろいろ任されることが増えた。
非常にめんどくさい。
自分のやる気に反比例する形で責任だけが増えていく。
あとは、上司からの期待か。

期待されないよりはましだが、俺に期待してどうすんだとか本気で思うよね。
それよりは、後輩もっと育ててあげてよと。

プライベートでいえば、
越えられない壁があるってことを人生で初めて知りました。
これだけはほんとに、自分の力じゃどうにもできなかった。
無力感だったり、今までの自分の人生の否定だったり、
色んな気持ちがあったけど、これでよかったのかなとかは思う。

2013年は、あんまり記憶にない。
こんな年も珍しい。

自分が成長したのか?と聞かれると、多分Noだしな。
スキルは多分おちた。
そのかわり、管理スキルは伸びたのだけど。
そんなものはいらなくて、
もっとこう、自分だけで生きていける強さにつながるスキルを磨きたい。
[PR]
# by pyababy | 2013-12-31 19:17 | 日常

SIerからの転職活動記録1

思考の記録を残すために、転職活動記録をつけることとする。

スペック
・大手SIer勤務4年目
・PL、PM経験あり
・得意言語はJava
・最近はRubyやObjective-cで遊んでる
・管理よりは開発の方が好きだが、管理しかしてない

希望業種、企業
・現在検討中。できればSI以外。
・BtoCのサービス系企業を希望

転職理由
・ポジティブ面
 顧客のサービスを実現したり、業務改善のためにシステムを作るのではなく、
 自らの手でサービスを企画・実行したいと思うことが増えた。
・ネガティブ面
 誰のために行っているのかわからない社内手続きに疲れた。
 今後のSI業界の成長性に疑問。縮小するのみの業界に見切りをつけたい。
 業務改善のためのシステム構築に興味が持てない。

本日の活動内容
・転職エージェントとの面談実施
 転職業界の動向、転職活動の進め方、求人等を確認するため、
 転職エージェントとの面談を行った。

 (得られたこと)
  ・転職活動のノウハウ
  ・求人の見つけ方
  ・希望業種等を考える上でのヒント
 (反省点)
  ・希望業種の絞り込みができていない
   →ある程度しぼらないと、求人を見つけにくい
 (今後)
  ・まずは、業種の絞り込みを行う
   →自分の転職先探しの軸を設定。
    そのためには、なぜ転職しようかと思ったのかを深堀する必要あり。
    転職理由≒転職先の軸になるはずなので、まずはそこの深堀を実施。
[PR]
# by pyababy | 2013-04-16 23:41 | 転職

きょねんのはなし

今年はいろいろあったわりに、時間がたつのがはやかったなーと思ったり。

プライベートもいろいろあったけど、
それはそれでよかったなと思う感じにはなってるのかな。
あとは自分のキャパ次第なのかな。
悩ましい問題は抱えっぱなしだけど、
なんとかなると思ってるし、なんとかしないとなーとも思ってる。

仕事面だと、
そろそろ真剣に転職かなと思ったりする。

SI興味ないや。
自分の興味の対象は、
どこかの大きな企業の利益を最大化することじゃなくて、
どこかの誰かがちょっとでも楽しくなれる何かをすることなのかなとおもう。

待遇とかはあんまり不満はないんだけど、
日々の業務がつまらなかったりすることには、どうしても耐えられないのかな。

結局は良くも悪くも人売りだし、
自分は何をやってるんだろーとよく思うようになった。
誰も幸せにならない何かのために時間を使うなんて、
ただの時間の無駄なんだなと思う。

大きい企業だからできる何かを体感して、
今やってるPJが落ち着いたらここはENDなんだろうな。

-----------
体型キープ(62~3kg、ベンチ110kg、フルスクワット120×10)
→キープはできてるけど、最後に腰壊した。いたい。ベンチは105どまりだった。

80冊は読む
→60冊くらい。読書量減ってきたなあ。。小説ばっかだし。

仕事で、自分だけでなく、チームとしての効率化ができるようになる
→ある程度できてきたかな。
とはいえ、他のベンダとかが入ると全然調整できないなあ。
こんなくそみたいな調整ごとが仕事の半分を占めるというのが、いろいろ限界を感じる理由。

Javaを極める
→普通のアプリを作るというレベルでは問題ない。
が、かっこいい何かを作るには全然レベルが足りない。
というかそこに行こうとすると、Javaで書くというより、
Javaに代わる何かを作れる人にならないといけないんだよな。奥深い。

スマホのアプリを一本作る
→全然やれてなす。。。趣味の開発、ちゃんとやらんとなあ。。
案はあるんだけど、なかか難しい。

書道をはじめる
→ノータッチすぎ。

スノボで360をコンスタントに決めれるようになる
→(軽い板なら)余裕。(自分の板なら)きつい。。
新しい板を買うのが先決かもな。

部屋を綺麗に保つ
見た目(服装・髪型等)も気を遣う
→問題なし。ものが増えたくらい。

ハッカソンとかに参加してみる
→いけてない。もっとアンテナ高くはらないとな。

専門分野のカンファレンスとかに参加してみる
→同上。

青森秋田らへんを攻める
→攻めれてない代わりに近畿は制覇したのかな。

彼女を嫁にする
→あれっ。
-----------
[PR]
# by pyababy | 2012-12-31 22:39 | 日常

今年の話

今年の話をゆるりと。

今年のテーマは、「ひとにやさしく」にしてみました。

プライベートでも仕事でも、自分が切羽詰まってくると、相手のことを気遣うことが難しくなってしまいます。ちょっとした言葉に棘が入ったり、イライラした調子で言葉を発すると、それだけで相手の気持ちを害してしまいます。

自分や周りの人間が切羽詰まってしまったときこそ、一歩引いて周りみて、言葉を発する前に相手の気持ちを考えて、お互いが気持ちよくすごせるようにしたいなと思います。

去年のプロジェクトとプライベートの反省から。

以下具体的な目標
-----------
体型キープ(62~3kg、ベンチ110kg、フルスクワット120×10)

80冊は読む

仕事で、自分だけでなく、チームとしての効率化ができるようになる

Javaを極める

スマホのアプリを一本作る

書道をはじめる

スノボで360をコンスタントに決めれるようになる

部屋を綺麗に保つ
見た目(服装・髪型等)も気を遣う

ハッカソンとかに参加してみる

専門分野のカンファレンスとかに参加してみる

青森秋田らへんを攻める

彼女を嫁にする
-----------

だいたいこんなかんじでゆるりといきていきます。
[PR]
# by pyababy | 2012-01-01 13:24 | 日常