日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


凡庸

認めたくはないとはいえども、自分は凡庸であることは否めない。
さすがに20年生きると、天才ではないことは理解した。
が、その自分に反して周囲の評価は高い。

多分彼らは、僕の過程を知らないから。
結果だけ見たら天才といわれても過言はない動きはしてるから。

でも僕にしてみたら、あれだけやってこの程度というレベルでしかない。
毎日寝て起きて勉強して寝るといった生活しかしてなかったのに、
人に誇れる程度の法律知識すらもっていない。

毎日馬鹿みたいに英語をやってても、未だに大学受験生より劣る。
馬鹿みたいに滑舌の練習をしても、日々噛みまくる。
思考のトレーニングをいくらやっても、とっさの対応が甘い。

就活をしていると、世界の広さにも驚かされる。
自分が今どのレベルにいるのかを痛感させられる。
上には上がいて、まだまだその麓にも達していない。
細かい動き、発言から見て取れる人間としての差にイライラする。

今は無理でも、いつかは全員追い抜く。
凡庸であったとしても、何故だか勝てる気がする。
根拠のない自信が、多分今の俺のもてる唯一の武器なのだろう。
[PR]
by pyababy | 2009-02-15 01:05 | 日常
<< 文章に心が宿る。 邪魔 >>