日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


10年。

10年来の付き合いとなる先輩に話を聞いてもらってた。
さすがに10年の付き合いとなると、お互いのいいたいことが、
言葉を介さなくても伝わるみたいだ。

僕の悩みを先読みして答えてくれたり、
彼の伝えたいことを言葉より先に理解したり。

そんな彼を、僕はすごく信頼している。

この人の話「なら」素直に聞ける。
そう伝えた僕の、「なら」というところが、僕の一番直すべき所だと指摘された。

知らず知らずのうちに他人を評価してて、
自分が信頼に値しないと評価を下した人物には、
自分の本音を漏らすこともなく、見下してしまう。

ある意味で人を見極める目に秀でているが、
他方では自分を深く理解してもらうスキルが欠けていることになる。
面接においては、それは明らかに不利になる。

自分を見てもらう以前に、自分を出せずに終わってしまうから。
こと友達づきあいに関しては、多分それでも良かったと思う。
所詮続かない関係だから、無理だと思った時点で切っても良かった。
ただ、面接はそんなわけにはいかない。
いくら自分に能力があっても、それを見せなければ伝わらない。
普段の自分を見てくれればわかるという言い訳もきかないから。

その意味で、僕は相手のレベルに合わせる必要があるみたいだ。
自分が見下してしまうような人とでも、対等に話す。
彼らが理解できる言葉で、彼らに理解してもらうために話す。

少々上から目線ではあるが、今の僕に欠けているのは間違いなくこのスキルである。
本命の企業の面接が始まるまで、あと一ヶ月強。
その間に、少しでも良いから自分を伝える技術を向上させたい。
多分あとは、気持ちの問題だから。

自分を見ていただくという思想を捨てないようにしたい。
あくまで、評価される側であると。

こんなアドバイスを一瞬でできる彼は、見ていないようで、
ちゃんと僕を見ていてくれてたんだなとふと思った。

相変わらず、いい先輩、仲間を持ったと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-02-28 00:13 | 日常
<< 業界本 時間と思い。 >>