日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


素直すぎること。

自分の欠点は間違いなく、素直すぎることである。

誰であろうと、自分の思っていることを素直に伝える。
これは多分長所でもあるが、僕の場合はいきすぎである。

思っていることを言わないことは、相手にとって失礼に当たると思うから。
そう思って伝えてきたはいいものの、案外相手にとってはそうでもないらしい。
特に面接においては。

訊かれたことに素直に答えることは、多分悪いことではない。
だけれども、賢くないことだとは思う。

ただ、自分の気持ちを伝えないことが賢いことだとするならば、
そんな生き方などしたくないと思う自分がいるのも事実である。

この生き方、考え方は、日本できる上では非常に損だ。
ただ、やめられない。

こうやって面接を落ちまくるんだろうなと思う。
でもそんな素直すぎる自分をほしがってくれるところも、きっとあるだろうと、
信じたい。
[PR]
by pyababy | 2009-03-07 23:49 | 日常
<< 言葉の時限爆弾。 人と別れる。 >>