日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


やる気の上下。

なぜあの人はいつもやる気があるのか

中谷 彰宏 / ダイヤモンド社



僕はどちらかと言えば、やる気がない方の人間だと思う。
というより、ムラが激しい。
もしくは、向かい合うものによって全く変わる。

やる気というものは、瞬間的に出すのは簡単だが、継続的に出すのは難しいらしい。
僕は継続的なやる気を出してきたような気がしていた。
でも実際のところよくよく考えれば、
瞬間的なやる気を、使っては補充して、というものを繰り返していたように思える。

一日ごとにやる気があったり無くなったりしたのは、多分そのせいだと思う。

どうやってやる気を出すのか。
これは主に、肉体的な面と精神的な面に分けられるようだ。

精神的に元気だとしても、肉体が死んでいたらどうしようもない。
その意味ではよく休む、効果的に休む、ということが必要みたいだ。

そして精神的な面。
これは、動き続けることでしか得られないのかも知れない。

動くからこそ、先が見える。
先が見えるからこそ、もっと動こうと思う。
その繰り返しが継続的なやる気を生むのだと思う。

僕のやる気がでなかったときは、止まっていたときだと振り返ってみて思う。
動いているときは、何かしらのやる気を見いだしつつある。

どれだけ暗いときであっても、散歩に行けば何かが変わる。
本を読む行為をすれば、何かが見えてくる。
人と話せば、何とかなるような気がしてくる。
掃除をすれば、何かをした気にもなれる。

多分こんなちょっとしたことの繰り返しが、生きる力を生むのだと思う。
そしてそれらを続けることが、やる気を続かせるコツなのだと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-04-27 22:16 | 日常
<< 過去に固執する。 10000円なら。 >>