日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


気楽に、継続すること。

勉強する理由

石井 大地 / ディスカヴァー・トゥエンティワン



受験指導を行う現役東大生が、勉強する意味を説いた本。

著者も書いているが、強いて言えば人生を楽しむためにすることが勉強だと思う。
勉強することが、可能性を広げていくことは間違いないから。

ただここで問題になるのは、所謂お勉強と、勉強の違いだと思う。

スポーツをすることも、本を読むことも、映画を見ることも僕は勉強だと思う。
それぞれ得るものはあるし、英語や数学とは違った意味がある。
部活で学べる上下関係や、身体を動かす楽しさなんかも、勉強だと思う。
映画を見たときに感動することも、勉強だと思う。

この辺のことは、学校だと何も教えてくれない。
学校や塾で教えてくれることは、どうやって効率よく「お勉強」をするのかと言うことだけ。

そんなモノを知ったところで、楽しいと思える人間はごく少数だろう。
僕自信はその少数派であったように思うが、
教科によっては興味すら湧かなかった。

この辺の問題が出てきた理由は、著者が述べるとおり社会の変化だと思う。
過去には「お勉強」が幸せへと直結していたから。
満たされない時代には、まずは学ぶことが豊へ繋がる道だったから。

でも今はその前提が違う。
既に豊かな状態なのに、なぜそれ以上の状態を求めないといけないのだろうか。
これを求める理由がないのだから、勉強をする理由もみあたらない。
その辺を子供は直感で理解してるから、勉強する意味を問うのだろう。

そして大人は、「お勉強」が幸せへと繋がるという時代に生きてきたからこそ、
勉強する意味という問いに答えられなかったのだろう。

時代が変わり、当たり前のことをするには理由が必要な時代になった。
満たされたが故の問いが、これからもっと増えていくのだろう。
それらの問いに対する自分なりの答えは、常に持ち続けていきたいと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-04-28 19:36 | 日常
<< キタナイモノの話。 過去に固執する。 >>