日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


更新頻度と精神状態。

blogの更新頻度と僕の精神状態の相関関係が認められそうだ。

多く更新しているときは、精神的に安定している。
少ないときは、不安定もしくは余裕がない。

多分僕はその時々の自分の思いや考えたことを文字に起こし、
再確認していくことで精神安定をはかる人間なのだろう。

考えたことを文字に起こすことは、頭の整理には一番良いと思っている。
書くためには考えなければならない。
そして考えるだけでなく、人に伝える文章として整理し直さなければならない。
整理したモノを文字に起こすときにも自分の中で考え直す必要がある。

これらの行程を行うが故に、書くことは大切なのだと痛感している。

僕の場合、一度文字に起こして書いたモノは、だいたい覚えている。
それは暗記という形ではなく、思考パターンを思い出せるという形での記憶である。
漠然と書いているつもりであっても何かしらの考えに基づき、
自分の言葉で記していることもあって何をどう思って書いたのかは覚えている。

それゆえにblogを読み返すことで、その時の自分の精神状態や、
考えていたこと、感じていたことが手に取るようにわかる。

これらの点から考えると、約5年にわたって何らかの文字を書き続けて良かったと思う。
文章力に関してはまだまだ拙いが、それもマシにはなってきている。
その反面、心からの主張や熱さが消えたように思える。

多分これが大人になるということなのかもしれない。
熱さが消える代わりに、頭の良さを手に入れる。
これに関してはどちらがいいかの比較がいまいち僕にはできない。
[PR]
by pyababy | 2009-05-18 00:02 | 日常
<< 大人が言っていた言葉。 評価することと評価されること。 >>