日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


出費。

出費で一番大きいのが本代ってのは、大学生としてどうなんだろう。
飲みより本買ってる方が多いのは、リア充とはどうもほど遠い。

しかしよくよく考えてみると本に対する投資というものはすごく安い。
5万円あれば50冊の本を買うことができたりする。
50冊あれば1つの分野に最低限必要な情報はゆうにそろう。
多分これ以上に安い投資は存在しない。

それと同時に、同じ1000円の投資でも質の違いに唖然としたりもする。
1000円で受けられるサービスや食事なんて、
どれもどっこいどっこいだけど、
それが本の質になると本当にあり得ないレベルの差になる。

人生が変わるほどの本もあれば、
読書に費やした1時間すらもったいなく感じるレベルの本もある。

その意味での費用対効果をあげるためには、
できる限り良書を選び、ハズレと呼ばれるモノは避けることが求められる。

ここで問題になるなのは、その人がどのタイミングで読むかといったことによって、
良書にも悪書にもなりえるので、万人においての良書が存在しないことである。

結局悪書を引くか、良書を引くかという運の部分も1つの投資だと思って、
良書に巡り会うまで投資し続けるギャンブルを楽しむのが、
読書に対する投資なのかなと思った。
[PR]
by pyababy | 2009-05-23 22:51 | 日常
<< in the pooooo 鼻を折ること。 >>