日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


普通であること。

自分が特別という感覚を、僕は持ちたがる人間である。
人と違うことをすることに喜びを見いだし、
同じコトを行うことに苦痛を感じてきた。

そうやって他人と違いを意図的に生み出さなければ、
僕という個人を確立することができないから、そういったあがきをするのだろう。

こんなことを考えるのは、自分だけだと思っていたりした。
でも色々な人と話してみて、自分が大多数の普通の人間であることに気付く。

みんなが同じようなことを同じような時期に考えていて、
同じようなことで悩んで同じようなことで喜んでいた。

彼らも「特別」であろうとし続け、結果として「普通」に生きている。
僕も彼らと同じで、主観的な特別は絶対的な普通でしかなかった。

普通であることが悪癖であるように感じていた時期があった。
でも今は、普通であることは幸せなことだと感じている。

普通の人間であることが、この世の中を一番楽しめる要素だからだ。
世の中の普通の人間を基準として創られた世界故に、
特別であることは世の中に合致せず、生きることを楽しめなくなる。
普通という要素は、世の中を楽しむkeyである。

でも僕は馬鹿でひねくれているので、特別であることを求める。
人生が楽しくなくても、異端でありたい。
こう考えることが普通だとすれば、僕は世の中の普通の人間の代表として生きる。
[PR]
by pyababy | 2009-07-01 01:29 | 日常
<< 属する。 嘘から出た。 >>