日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


世の中には後悔ばかり。

何で高校時代に真面目に勉強しなかったのか。
遊んでばっかりいたのか。

そして逆に、大学時代に何故勉強ばかりしていたのか。
何故遊ばなかったのか。

その辺の後悔が最近大きい。

大学生活というものがあと8ヶ月程度になり、
所謂自由に過ごせるという噂の時間が残り少なくなってきた。
そのことがそれらの後悔を加速させているのかもしれない。

ちょっと最近思う自分についてのことを書く。

僕は口と行動が一致しない人間なのだと思う。
正確に言えば、他者から見た時は一致していない人間だと思う。

このように書けば、口だけの人間に思われかねないが、そのようなわけではない。

僕は基本的に、「楽に生きたい」といった旨の発言をしている。
そして、出来ることならば「何もせずにニートのように生きたい」とも。
言葉ではそのようなことを発し、出来ればそのように生きたいとも思っている。

しかし僕が取る行動は、それとは真逆である。
あえて自分を厳しい方向に追い込み、そしてそれを楽しんでいる自分がいる。

就職が決まり、普通の人間ならば遊びほうけたい時期であるにもかかわらず、
新しい分野の勉強を始め、相変わらずの勉強生活である。

就職先も、楽に生きたいなどといいながら、
楽に働ける会社ではなく、超絶激務な会社を選んでいた。

多分自分の本質は、「常に何かをしていたい」人間なのだと思う。
だけれども僕の心は、「働くだけの人間」に価値を見いだせていない。
それゆえに、自己否定に繋がる「働くことへの賞賛」を出来ないのだろう。
だからこそ、僕の口からは「楽に生きたい」という言葉がでるのかもしれない。
[PR]
by pyababy | 2009-07-26 02:15 | 日常
<< 神の沈黙 働く、ということ。 >>