日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


読書会

なんだか無性に読書会をやってみたくなったものの、
読書会って実際どんなものなのかよくわからない。
ただ単に読んで語るだけだとあじけないし、ちょっと色々考えたい。

小学生とかを相手に、「本の楽しみを教える」ために開くのであれば、
面白そうな本を適当に朗読して感想を言い合えばそれで足りるだろう。

だけれども大学生ともなれば、そのレベルでは満足できない。
最低でも主題とかその他重要部分についての意見を言い合いたい。

しかしそうやって難しいことを求めすぎると敷居があがってしまい、
なかなか人が集まらずに結局企画倒れとなってしまう。

まあこの辺は適当にやってみながら調整したらいいのかもしれない。

しっかし大学には読書友達というものが結局出来なかったな。
意地でも見つけるかなあ。
[PR]
by pyababy | 2009-08-03 22:59 | 日常
<< 伝わる時期に、伝わる自分であること。 最近の飲み会で思うこと。 >>