日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


まなざしの地獄。

まなざしの地獄

見田 宗介 / 河出書房新社



永山則夫といえば、永山基準という言葉で知られるように、
法律を学ぶ人間ならば誰もが耳にしたことのある人間である。

彼は法律学だけでなく、社会学においても重要な意味を持つ人物である。
本書「まなざしの地獄」は大社会学者である見田宗介が、
永山則夫が起こした事件の裏側にある社会について、
社会学的観点から分析した本である。

この論文を知ったきっかけは、大学一回生の時の一般教養の講義であった。
当時から読もうと思ってはいたものの、
この論文単体が載っている本は存在していなかったこともあり、
3年越しに読むこととなってしまった。

本書はNN(永山則夫)が起こした事件を軸に、
当時の日本社会の階級構造の全体を浮き彫りにすることを目的に書かれている。
それゆえに単なるNN論ではなく、社会全体に目を向けて書かれている。

なんというか僕がこうやって感想を述べたり、解釈を述べたりするのが、
本当に馬鹿らしく思えてくるほどしっかりした論文であった。
いつからか身につけてしまった批判的読書の方法で読んでいたものの、
どこにも反論することなど見つからず、ただただ納得の一途であった。
ああこれが偉大な論文なんだろうなと思うしかなかった。
天才ってこんな人のことをいうんだなーと。

何よりすごいと思ったことは、著者のデータ分析についてである。
普段なら何となく見逃してしまうような統計データから、
当時の社会の状況、そしてNNの過去についてまで、
徹底的に分析されていた。

同じデータを扱っているはずなのに、扱う人間が違うだけで、
これほど解釈と説得力に違いが生ずるのかと思うと驚きを隠せなかった。
現在の自分の位置をまざまざと思い知らされたという点でも衝撃であった。

内容もすごく面白い。

骨子となっている部分を引用。
「人の現在と未来とを呪縛するのは、この過去を本人の「現在」として、また本人の「未来」として、執拗にその本人にさしむける他社のまなざしであり、他者たちの実践である。」
例を挙げるならば
(自分でつくろうと思ったけどどう見ても引用した方が良い例があるから引用)
「顔面にキズのある人間は罪悪の人かもしれないという他者たちのまなざしとその実践が、彼(NN)をまことに罪悪の人として予定してしまう。」といった具合である。

要するに、その人自体ではなく、その人が持つ「何か」によって、
他者から評価されてしまうということを述べている。

そしてNNにとっては「この他者のまなざしこそ地獄であった。」のだ。

むううううううううううううううううううううううう。
纏めようと思っても、本文が良すぎてこれ以上纏められないしにたい。。

いつかこんな風に頭を使えるように、
そしてこんな風に人を納得させることのできる文章が書ける人間になりたい。。
[PR]
by pyababy | 2009-09-26 02:26 |
<< 「課題先進国」日本。 秋の再読週間4 >>