日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


伝えたいことを伝えること。

自分の「伝えたいこと」を相手に「伝える」ことが、
何故これほどまでに難しいのかということを考えさせられる日々が続く。

去年自分が参加していたモノに、今年はアドバイザー的な立場で参加している。
去年とは違い、上手に伝えられるようになったと思うことは多い。
だけれども、それでも全然伝え切れていない部分が多々あって、
自分の未熟さが自分で厭になる。


人に何かを伝えるときに一番大切なことは、
「何を伝えるか」を確定させ、言語化することだと今更ながら思う。

文章用語でいえば、「トピックセンテンス」といったものになるのだろうか。
それが決まらなければ、そもそもの伝える前提に欠けるため、何も伝えられない。

このステップの中では、言語化という行為が非常に難しいと感じる。
自分の中にあるイメージを、相手の中にあるイメージと同化させるために、
僕らは自分の言葉をひねり出していく作業のことだと僕は認識している。

そのためにはイメージを具体化していく作業も必要になるし、
イメージの特徴を抜き出し、一つひとつ言葉に置き換える作業も必要になる。


相手にとっての理解と、自分にとっての理解はイコールになることはない。
この前提も非常に大事だと今は思っている。

生きてきた時間、思考のバックグラウンド、全てが違うのが人間である。
それゆえに、同じ事象を観察していたとしても、人によって理解は異なる。
同じ言葉であっても理解は異なる。


それをできる限りコントロールしなければならない。
人に何かを正確に伝えるためには、相手の頭の中身を知り、
それに対して的確にアプローチを仕掛けなければならない。

僕は自分の頭の中身と、相手の頭の中身はイコールであると考えてしまう節がある。
そうではなくて、一人ひとり考え方が違うということは肝に刻んでおきたい。

まとまらない。
[PR]
by pyababy | 2009-10-20 21:02 | 日常
<< 生と死の教育。 夢をかなえる洗脳力 >>