日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


メールに逃げること。

伝えなきゃいけないことを伝えるときに、メールに逃げてしまうことがある。
それも、すごく大事な内容を、一通のメールで終わらせたりすることが。

メールがダメだとは思わないけど、
やっぱり面と向かって伝えたいことはいっぱいある。

だけど、自分が恥ずかしがったり、相手がそれを求めていなかったりするから、
一方通行のコミュニケーションに逃げてしまう自分がいる。

僕は、人を褒めることがすごく苦手だ。
どちらかといえば他人に対しては厳しい言葉をかける機会が多いし、
褒めるタイミングや褒め言葉がよくわからないといった事情もある。

それゆえに、褒めなきゃいけないところで褒めなかったりしてしまい、
後々後悔するということによく陥ってしまう。

褒めるっていう行為は、タイミングがいちばん大事だと僕は思ってる節があって、
そのタイミングを逃してしまうと逆効果になる場合が多いなと、
今までの人生を通じて学んでいたりするのです。

それゆえに、褒めるタイミングを逃してしまったときは、
ついついメールでに逃げてしまう。
多分メールだと、伝わらないと思う。
でも、伝えないよりマシだと言い聞かせてメールを打つ。

今もそんな感じで、何人かにメールを打っている。
ジャストなタイミングで伝えられたはずの言葉なのに、
そのタイミングを逸してしまった自分が情けない。

もうこれ完全ちら裏だな。。。。
[PR]
by pyababy | 2009-11-01 22:21 | 日常
<< 憧れること。 比べてしまうこと。 >>