日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


憧れること。

ようやく一段落ついた。

今年は2週間強くらいだけど、
去年自分が所属していた団体のサポートをしていた。

自分は自分で、また新しい課題が見つかったり、
自分の成長を実感できたりして、なんだかんだいいながらも楽しかった。

自分が手伝った理由は、大きく2つある。
1つは、自分の成長を確認するため。
もう1つは、去年自分が先輩から受けた恩を返すため。

去年は自分の至らなさ故に、色々先輩達に助けを借りることがあった。
その時に先輩達から、
「俺らに感謝するんじゃなくて、来年手伝えばそれでいい。」
といったことをいわれていた。

多分そうやって、恩とかって巡っていくんだろうなと、何となく思う。
親が行う子育ても同様なのかな。

ギブアンドテイクが人間関係の基本だと思うけど、
与えられたモノを返す相手は、その人に限る必要は無いんじゃないかと最近になって思う。

そんなこともあって、自分にできる範囲の手伝いをしていた。

作業が一段落した後、後輩からあるメールが来た。

色んなことが書いてたけど、印象的だったのは、
俺に対して憧れてて、こんな先輩になりたい、みたいなことが書かれていたことだった。

俺は俺で色んな先輩や同期の子に憧れを抱いている。
彼らは本当にすごいと思うし、いつまで経っても追いつけない。

それと同じことを、俺に対して感じてくれてたってことに素直に驚いた。
自分はそんなできた人間でもないし、どちらかといえばダメな部類だと思う。
それでも、そんな人間を慕ってくれてたのが素直に嬉しかった。

憧れてたはずが、憧れられてた。
そんな事実に、自分の成長を感じると同時に、
僕を憧れた彼らが、将来誰かの憧れの対象になってくれたらいいなと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-11-02 00:53 | 日常
<< 自殺って言えなかった。 メールに逃げること。 >>