日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人脈を作れという言葉に対して思うこと。

「人脈を作れ!」だとか「人脈は大切だ!」なんて言葉が溢れている。

就職活動をしている際にも、馬鹿の1つ覚えのように騒がれていたし、
それを受けてか学生までもが「人脈作り」のために名刺交換なんかをしていた。

僕はそのよくわからない風景を、ぼーっと眺めていた。

もちろん僕も、人脈は大切だと思っている。
だけれども、人脈を作れという言葉は、僕には理解ができないのである。

理解に苦しむ理由は2点ある。

1つ目は、そもそも人脈は「作る」ものなのかという点。
2つ目は、その人自身ではなく、その人の肩書きや経歴、
資産などに注目する「人脈信者」に対する嫌悪感である。

そもそも人脈というものは、作るものなのだろうか。
僕の感覚では、人脈は作るものではなく、自然にできるものだと感じている。

そしてそれらは、「人」との付き合いの中で生まれるものであって、
その裏にある相手の経歴や肩書きなんかは二の次であるべきだと思っている。

それゆえに、相手の経歴や肩書きを得るために
「人脈作り」に励む人間の気持ちがよくわからないのである。

お前がほしいのは、その人との付き合いじゃなくて、
その人が持っている肩書きや経歴なんだろ?といいたくなってしまうのだ。

多分僕も、そうやって「人脈作り」に励む人間にしてみれば、
「とある大学のとある学部の、某大手企業に勤める予定の人」
といったモノとして数えられているのだろう。

そう考えただけで虫唾が走る。

経歴や肩書きだけのために人とつきあうのではなくて、
もっとちゃんと、その人自身とつきあっていける人間でありたいなと
「人脈信者」を見るたびに思う。
[PR]
by pyababy | 2010-01-26 01:20 | 日常
<< 最近友人に対して思うこと。 コラボレーション・プロフェッショナル >>