日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


離れて見て。

なんだかんだいいつつ、二ヶ月たった。

まさか自分が二ヶ月も同じ組織にいるとは思ってなかったし、
案外居心地が良いとも思ってもいなかった。

ここ最近も、相変わらず飲んでいる。
自分の配属的に、同期の大半とは容易に会えなくなるということも、
飲みの頻度を加速させている。

集団というものも悪くないなと、なんとなく思う。
それと同時に、自分はやっぱり1人が好きなんだなと実感する。

僕は常々、何かを比較するときは、
メリットとデメリットではなく、
メリットとメリットを比較すべきだ、ということを考えている。

ここでいえば、
集団に属することのメリットとデメリットを比較するのではなく、
集団に属することのメリットと、
集団に属さない場合に得られるメリットを比較すべきだ、
と考えている。

そして、より自分にとってメリットの多い方を選ぶべきだと、
常々考えている。

事象のメリットとデメリットではなく、
事象のメリットとnot事象のメリットの比較というものは、
完全にイコールではない。
わずかな差がそこには確実に存在する。

その差を、大切にできる人でありたいなと思っている。

僕はこれまでの人生において、
1人でいることのメリットを数多く体感してきた。

今度は、集団に属することのメリットを、
できるだけ多く肌で感じたい。

その両方のメリットを知ってからでも、
人生の決断というものは遅くはないと、最近は思う。
[PR]
by pyababy | 2010-06-01 21:34 | 日常
<< 例えば、それが。 成長という言葉に関して思うこと。 >>