日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人生のやりがいというものを考える

仕事のやりがいという言葉はよく耳にするのだが、
それより上の概念であるはずの、
人生のやりがいについてはあまり耳にしない。

よく言う言葉で言えば、生き甲斐という言葉になるのだろうけれども、
それとはまた少し違う。

生き甲斐は、生きる目的をさすが、
やりがいは、やったことに対しての自分の満足感などをさす点において、
多少なりとも意味が違うように感じる。


-----
職場の先輩達と久しぶりに飲みに行ったときにしていた会話が、
僕には別の世界の人間が話す言葉のように聞こえた。

彼らは、「仕事」という狭い世界の中で、満足感を得るために動いている。
僕は、「仕事」という世界ではなく、「生きる」中での満足を得たいと考えている。

多分その部分の前提が違うために、彼らの話の理解は出来ても、
共感ができなかったりした。

仕事をして家を買う。
僕にとって、それは、「たかがそんなこと」でしかない。
大事なことでもないし、目的でも何でもない。

仕事がうまくいく。
これに関しても、正直なところどうでもいい。

顧客に対して不満がある。
僕は、正直なところ何も感じない。

多分、どれもこれも、会社の仕事という他人事の世界だからこそ、
僕にとってはどーでもいいことで、
何も感じないんだと思ったりする。

あまりうまく言語化できないが、
自分が主体でも何でもなく、
自分が頑張ったところで潤うのは会社であって、
自分の行動にはさして意味がないというところが、
僕にとって「会社での仕事」が大きな意味をなさない理由なのだと感じている。

まあこんなことは会社に入る前からわかっていたのだけど、
最近そんなことを身にしみて感じている。

でもそれと同時に、
他人事だからこその楽さに惹かれる部分がある。

無茶したところで困るのは会社だし、
多少失敗したところで僕の人生に大きな影響はない。

だけれども、そんなんでいいのかなと、思ったりする自分がいる。
それであなたは満足なの?と。

そうやって生きることって、自分の嫌いな自分になることじゃないの?と。

なんか答えが出ない。
まだまだ考えるためのパーツが足りない。

僕の人生のやりがいってなんなんだろうな。
もうこれ完全に愚痴になってチラ裏だな。
[PR]
by pyababy | 2011-05-26 01:06 | 日常
<< 去年の話。 人から何かを与えられること。 >>