日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プロダクト

プロダクトって何なんだろうってのを考えることが増えた。良いプロダクトとは、みたいな感じの問い。あんまり答えは出てないんだけど、いろんな人に愛されるだとか、プロダクト愛を持った人が作ってるだとか、そんなところが大事なのかなと思ってる。
コードを書けば、Webサービスなんてものは誰でも作れる。でもそれが世の中に受け入れられて、良いプロダクトと呼ばれるためには、コードを書く以外の何かが大事だよねと。少しでもそのプロダクトを良くするためにはとか、好きになってもらうにはとか、その辺はもう愛とかその辺の世界だよなと。

世の中にある良いプロダクトを色々みたり、作ってる人と話したりしてみても、そんな感じの結論になる。

今作ってるプロダクトには、そんな感じの愛はないかなと思う。たぶんそこが、雇われと自分でやるプロダクトの違いなんだろなと思う。なんかどこかで線を引いてしまう。ああ、どうせこれは会社のプロダクトなんだって。売れたから、良いものを作ったから、何になるんだって。

細かいこだわりとか、妥協しちゃったところとか、たぶんその辺もすべてそう。この辺りを妥協せずに作り切ったプロダクトで、どこまで勝負できるのかってのには少し興味がある。



[PR]
by pyababy | 2015-12-10 23:18
<< 話すことが変わる 近況その2 >>