日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


プロという腕

久しぶりに髪の毛を切りに行きました。

糞癖毛の僕は、正直なところやりたい髪型があっても物理的に出来ないことは理解しているために、とりあえずまとまりやすく切ってくださいとしかいえないわけです。

物理的に無理ですから。

過去に色々な美容師からも同じようなことをいわれているために、ほとんど諦めていました。無理なんだからそれを生かすのにしようと、大体の美容師は頑張っていました。

正直なところ髪型なんてごまかしがきくし、最悪帽子被れば問題なかったために、今日もそんな感じでとりあえず軽めにあとはおまかせしますといってみたところ、

「それじゃ切れないっすよ」

なんていう舐めた台詞を言われて一瞬ぷちっときたわけです。

僕がお任せにしている理由は、僕自身が髪型について諦めていること、そして僕があれこれいうよりプロに任せた方が的確な髪型にしてもらえるという信頼なわけです。

いってみたら自分が髪型を選択するという積極的自由を、プロの美容師にゆだねることで自分では気付かなかった選択になることを望んでいるわけです。

でまあ髪質がファックなので、諦めている。だから任せている。
という認識が相手に伝わっていなかったために、プロ意識から切れなかったそうです。

といわれましても理想なんてものはないわけで、僕にしてみたら美容師さんが切ってくれた髪型を理想だと思うわけです。

またそこでどうすればいいのかなんて迷いが生まれて、珍しく髪型についての話し合いみたいなのが長引いて、結局色々することにしました。

まあ相手も僕の考えをわかってくれて、僕も相手の考え方がだいたいわかったために、話が纏まってからは早かったというかお互い気持ちよくやれたわけです。

プロとして仕事をしているからには手を抜けない。
それはもちろんだと思うし、当たり前だと思う。

ただその腕をどう使うか、という点においては色々な状況を考慮していかないと、
ベストな方法は掴めないんだと思ったりしました。

とりあえずおれかわいい
[PR]
by pyababy | 2008-01-08 23:43 | 日常
<< 危険を目視できる想像力 麻痺していく感覚 >>