日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ヒトに話すときに考えること

昔は何も考えずに、思ったままを喋ってた。
それでも許してもらえたし、小さいからネタにもなった。

今はやっぱりそうはいかない。
何かしら発言には責任がついてくるし、
ヒトを傷つける言葉も理解した。

過去に自分が何気なくいった言葉で、どれだけのヒトが傷ついたのかがわからない。

小学校の時の先生に向かっていった言葉が、今になって思い返される。

何気なくいった言葉であっても、
いっちゃいけない言葉というものは罪悪感がある。

そこで素直に謝ればいいもの、謝れなかったものは、
未来になっても悔いが残る。

もう少し考えて話せば良かったと。

未来のために話しているわけじゃないんだけど、
今をもっと大切に出来なかったら、
未来も後悔するんだなと。

でも伝えられたほうってどうなんだろうなと、ふとおもった。
[PR]
by pyababy | 2008-01-11 01:41 | 日常
<< 平穏に過ごす非日常 危険を目視できる想像力 >>