日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


過ぎてしまったことを悔やむ

あのときこうしていればよかった。
もっと別の方法があったはず。

そんなことばかり日々考えてしまう。
あのときの自分は、何やってたんだろうと。

そんなときの僕の思考は過去にしか存在しない。
今を生きているはずが過去を思い返し、過去のifしか考えていない。
もちろん過去を変えることができるはずもなく、今は何も変わらない。

こうやって変えられることのできないものを考える時間をバカみたいに感じる。
その行動が何も生まないのに、未来の自分を何も変えるわけでもないのに、
過去に起こったことばかりを追いかけてしまう。

もちろんその過去を反省することを考えれば、意味のある行動ではある。
だけど、僕のしていることは反省ではなくて、今から目をそらし、
今を作った過去を無いものとすることで今から逃げているだけ。

それがわかっていても今と向き合いたくない。

多分、今の僕と過去の僕が同じ選択をしたら、
今の僕の方がよりベストに近い答えを選ぶだろう。

過去に行ってきた無駄な行為の積み重ねにより、
今をどうやって過ごせばいいかがわかってきているからだ。

そんなことは、書くだけなら僕にだって出来る。
人に対して言うだけなら、僕にだって出来る。

人に対してさも自分がそれらを出来ているようにアドバイスをしている自分が、
すごく嫌いだ。

そしてその出来もしない答えを感謝されることで、頼られていると感じてしまう自分が、
どうしようもなく嫌いだ。

感謝されることなんてしてないのに、その状況を嬉しがっている自分が許せなくなる。

こうやってまた過去をみてしまう自分を、どうやっても止められない。
目は先を見ているはずなのに、進まない過去しか見えていない。
[PR]
by pyababy | 2008-01-16 22:57 | 日常
<< 変える心と変わった都市 第三の嘘 >>