日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


人との相性

性格が合っても考え方が合わなきゃ続かないし、
考え方があっても性格が合わなきゃ続かない。

僕の横の席に座っていた女ふたり組が語っていました。

そうやって男の相性を語る二人の相性の方が、不思議でたまりませんでした。

一方はお洒落で天然で可愛い感じ。
もう一方はどちらかといえば人嫌いで男っぽい感じ。

その二人がすごく良いかみ合わせになっていました。

どこでどうやったら友達になるねんって感じの二人なんですが、話のテンポや聞き手と話し手の別れ方、ボケと突っ込みのあり方などが完璧で、横にいた僕は正直話を聞きながら吹きまくってました。

一見したら仲が良さそうに見えない人であっても、仲がよい。
そこに友情なんかの不思議さを感じます。

僕の仲の良いと思える友人も、何で仲がいいのかよくわからないのがたくさんいます。
どう考えてもぱっとみだとお互い喋ることとかなさそうなのに、何故か会話が続く。
それでいて考え方も話すペースも違うのに、話していると落ち着く。

ある意味で自分の足りない部分を埋めてくれている相手だからこそ、
良いのかもしれないなと感じたりします。

あまりにも自分に近すぎる人間とは、何故だかうまくいった試しがありません。
考えていることなんかは全部わかるんだけど、それとこれとはべつみたいで。

まあ誰と仲良くなるか何てのはやっぱりわからないことなので、
出来る限り色々な人間と接してみたいです。

でもなんというか、最初のフィーリングで合わない人間ってのは、最後まで合わないのが大半なので結局話す人間なんてのは限られるんですけどね。

僕のフィーリングに合う人間なんて100人に一人いれば上出来ですから。
[PR]
by pyababy | 2008-01-23 00:08 | 日常
<< 自ら価値を下げる 自己採点 >>