日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


例えば俺が死んだとしたら。

それをどうやってここを読んでる人は知るんだろうね。
もちろんリアルの僕を知っている人は、何かのきっかけで知ることが出来るだろう。
だけど、NET上での付き合いだけであったり、ここを純粋に読んでいるという事実だけでしか僕と繋がっていない人間は、僕の死を一生知らずに生きるのかもしれない。

多分僕が死んだところで、ここが更新されなくなるだけ。
Blogを移転したかあるいは飽きたか。
そんな感じのことを思うだけだろう。

死んでようが生きていながら飽きていようが、実質的な差はないから。

もしかしたら、僕が巡回していたサイトの中にも、中の人が死んでしまったサイトがあるのかもしれないと、最近よく思う。

更新されないことが当たり前になってて、だんだん見なくなっていって。
でもそれって、飽きたとかじゃなくて、本当に更新できないって可能性もあるんだよね。

僕にはそれを知る術がないから確かめようがないことなんだけど。

なんていうか、それを知ることの出来るサービスがあればいいなって思う。
人の付き合いって、もうリアルのそれだけじゃないのに、何故だか一番大事なその人が死んだ事実を知ることが出来ないっておかしいよね。

これはNETが匿名だからってのも影響してるけど、それでも何かしらの方法でそれを伝えることが出来るんじゃないかなって思う。

そうなってくれないと、寂しすぎるんだよな。
死んだことすら知ることが出来なくて。
もちろん逆に、知らせることが出来ないってのも辛い。
それを伝えて何かがしたいってわけじゃないけど、今までお世話になった人間にそれくらいは知らせてあげたいなと。

自分の死、自分の生を伝えるために、OFFなんてものをするんじゃないかな。
本当に生きている人間であることを確信して、もしかしたら自分が死んだ事実を伝えられる存在になってくれるかもしれないという期待を込めて。

そんな深いことを直接考えてるわけもないと思うんだけど、自分の中の生存本能の一部が、NETの繋がりからリアルへの繋がりを求めさせるんじゃないかなって思う。

まあ何かルールくらい決めときたいよね。
あるタイトルのエントリが書かれたら死んだとか、2週間更新がなかったら死んだとか。

ちょっと話が戻るけど、共通ルールを作れば良いんじゃないかってふと思った。
死んだことになってたけど復活したとかだったら嬉しいし、何かの基準を満たしたらその人は死んだってのをなんとなくわかるようなルールを。

面白いエントリとかまた読みたいって思うから、生きててほしいけどね。
[PR]
by pyababy | 2008-01-30 23:55 | 日常
<< ダラダラと生きる 志村けんのBlogが面白い。 >>