日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


神は舞い降りない

この前夜中にぴぴっと電波がやってきたので、指の動くままに文章を書きました。
2時間足らずで16k字を書いてねました。

翌朝読み返してみたら、酷かったです。

ある小説家は気がついたら神が舞い降りて、勝手に書いているそうです。

僕もそんなことができるかと思ったら、妄想でした。
吊ってきます。

でもなんというかクズみたいな文章なんだけど、話の内容は好きなんだよなあ。
あんまり記憶ないんだけど、適当に書いてた割にはマシだなと。

ハイパーグラフィアっつー書きたがり症候群みたいな話を前に読んだんだけど、
きっと俺もそんな感じなんだろうな。

何かしら文章という形で表現することが面白いというか、つまらくてもやめられない。

こうやって書くことで何かが変わるわけでもないのに、
とりあえず書いてみることを続けているうちに書くことが好きになったのか、
元々書くことが好きだったのか。

まあ人間は誰しも書くことが好きらしいが。

どうでもいいが、神が舞い降りた人の気持ちになってみたいな。
自分が自分以外のものに支配されてる気持ちってのを味わってみたい。
[PR]
by pyababy | 2008-02-02 00:00 | 日常
<< 意識と無意識 ダラダラと生きる >>