日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


弦を替える

久しぶりにギターの弦を替えました。
切れるまで放置しようかと思っていたのですが、知り合いも丁度変えるとかいってたので、自分もそのついでに替えてみました。

よく考えたら二年くらいつけっぱ(触ってない時期があったので)だったので、弦の色なんかがもうくすみまくりで、新しい弦と比べたらあまりにも汚すぎてびっくりしました。

それでも見慣れていた昨日まではそんなに汚いとも思っていませんでした。
音もまあそんなもんだろと思っていました。

しかしながら替えてみると、全然違う音がしました。

あたりまえのことなんですが、汚れていても見慣れてしまうと本当の良さが解らなくなるんだなということを再認識したのです。

元がいくら綺麗であっても、汚いのになれてしまうと、良さなんてもう忘れちゃうのです。

僕らの人生って弦みたいにすぐ交換は出来ないんだけど、たまには掃除でも何でもいいからしてみて、新しい綺麗な視点というものを常に保ちたいものです。
[PR]
by pyababy | 2008-02-22 02:30 | 日常
<< 私可愛くないからという言葉の裏。 少しの努力を継続する >>