日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


物を貰う辛さ

ハッキリ言って自分でもクズだと思うんだけど、人から物を貰うのが嫌いです。

自分の物は自分で揃えたいので、人から貰った物は邪魔になるから。
服やアクセサリーなどの身につける物は特に自分で揃えたいです。

微妙なこだわりというか、本人にしか解らないようなセンスで物を選んでいるので、それ以外の物は貰ったとしても身につけることはまずありません。よっぽど気に入るor前から欲しかった物を貰うといった場合でない限り、僕の棚の中で眠ることになります。

それが解ってるので、人から物は貰いたくないわけです。
貰ったとしても使わないし、貰った物は捨てれないから。

この捨てられないってのがやっかいで、捨ててしまうとそのものを選んでくれた時間まで捨ててしまうような気がして、捨てれないのです。

なのでもう最初から貰いたくないわけです。
お金がないわけでもないから、ほしけりゃ自分で買うしね。

だから逆にいえば、残らない物なら歓迎なわけです。
食べ物、酒、その他の消耗品なんかだと、素直に嬉しいです。

もうあの必死に選んでくれた感が伝わる使わない物ほど貰って困る物はないわけで。

すごく自己中で相手に悪いと思うんだけど、いらない物はいらないんだよなあ。
あっても邪魔にしかならないし、俺にそれを選んで買ってあげる労力と金があるならば、それを慈善事業にでも突っ込んでほしいと本気で思うわけです。そっちの方が世の中のためにもなるし、喜ばない人間にあげるより気持ちいいだろうからね。

そんなことを言ってたら、誰かに寂しい人間だねといわれたんですが、もうそこは自覚してるというか諦めてるというか納得してるのでもうどうでもいいです。

何を貰っても嬉しそうに出来る人間になりたかったですが、無理みたいでした。
[PR]
by pyababy | 2008-03-02 21:50 | 日常
<< 何かを行う前に想像している瞬間。 髪が能く伸びる >>