日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


自分が中心の話。

ここに書く話は全部自分が中心の話。
自分目線で見た世界を、自分の言葉で綴る。
その過程に他人のはいる余地はなくて、僕が中心で世界が廻ってる。

世界がこう一つで、それなのに僕の世界もあって、誰かの世界もある。
一つの世界の中に人の数だけ世界がある。

でもこれもよく考えたら当然の話。
自分が生きる世界は、自分しか知らないのだから。

人によって見える世界や見てきてた世界が違うのは当然で、
そこに出てくる物や人も人によって違う。

多分だけど、僕が見てる世界と君が見てる世界は違う。
本来的には同じものかもしれないけれど、違う世界なんだと思う。

だから人が話すことは全部自分が中心の話で、
他人はあくまで自分を支える一つの要素にすぎないんだと思う。
[PR]
by pyababy | 2008-03-24 23:29 | 日常
<< 過去の自分と被ること 知らない世界と知らない本。 >>