日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


研究者として

ほんと昔っからそうだけど、広範囲の興味はあっても、具体的な一つのものに対する集中的な興味ってのがもてないわけです。

今日は少しゼミの先生に論文指導的なものを作業のついでにしてもらっていたわけですが、僕としてはテーマ決めがよくわからんわけです。知りたいことはあっても、そんなピンポイントで知りたいかといわれたらそうでもないのです。

そこをどうすんだ?といった話をずっとしてました。
これはほんと僕の性格の問題が大きいんだろうけど、これがいい!!!みたいなのが昔っから何もないのが問題っぽいのでどう解決しようかなあと。

ある意味でやってるうちに好きになったとかが安定だと思ってしまったり。

何でそんなにやりたいことが的確にもてるのかがわからんのですよ。

そんな点では、研究者からは限りなく遠い位置にいるわけです。
逆をいえばそれさえ決まればやっていけるスキルなんかはあるとは思ってるのです。

多分なんだけど、自分にとっては世の中のほとんどが、興味のないこともしくはどちらでもいいことであって、それ以上知りたいっていう欲求がないんだろうな。と思ったけどそうでもないか。知りたいけど、それだけを知りたいわけじゃないってのがあるのか。

結局のところいってることは表裏なだけで、中心は一緒のわけです。
そこをひっくり返していかないとあかんのかなと思ったりします。

にしても先生いい人だよな。。。。。
そういったら全力で否定してたけど、たかだか学生にあんな真剣に向き合ったら人生やべーだろと思ってしまう。話してて感じるのは、僕に対する期待なのか不安なのかよくわからない感情。育ててみようみたいな気持ちが伝わってくるから、それに応えていきたいとは思うけど、どこまでやれるのかなほんと。先生曰わく僕は結構危ないタイプらしいので、ちょっと見返してやりたいと思うのでもう少し真面目にやろうと思います。

まあちょっと考え方として大幅に違うのが、僕は暇が好きなのに対し、先生は忙しいのが好きだということ。これも結局表裏であって同じ事なんだけど、その辺のウマがあうのかなと思ったり思わなかったり。

とりあえずエンジンかけますかね。
スロースターターなのは許してね先生!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[PR]
by pyababy | 2008-04-02 00:05 | 日常
<< ねれなす 連絡よこせと。 >>