日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鼻が折れる

自分のできることの小ささに嫌気がさす。

本気で考えると、すごく小さなことしか論文を書くことができない。
小さな専門性を馬鹿にしてた自分に腹が立つ。

論理的思考というものにも疑問が尽きない。
あくまで思考の一つであって、それを所謂世界での地理的時間的限定を付けた上での最高峰の考え方としている理由がよくわからない。論理的思考能力ってのは大切だと思うけど、間違いなくそれがすべてではないから。

それが通じる人間というのは限られているといえるのに、それを極めていくことが何を生み出していくのかが僕にはやっぱりわからない。

伝わらない人間の方が多いのに、伝わらない思考で研究してる。
それでいて伝わらない研究発表をして、伝わらない人間の中で満足していく。
本当に変えなければいけない人たちには何も伝わらなくて、それでいいのかなって。

僕らの思考の中では完全に放置されている人間を、たぶん僕らは相手にしていかなければならない。そうであるならば、彼らの思考にも伝わる形で学ぶべきではないのだろうかと思ったりもする。僕がら行うことなんてただのおごりで自己満足でしかないことは理解していても、それでいいのだろうかという疑問はなくならない。

数学でもなんでも、今の地理的時間的条件の元のみでしか機能しない。
それなのに絶対だと信じてしまう感覚を早く抜き去りたい。

だけど僕らの世界は彼らを置き去りにしたまま進んでいく。
[PR]
by pyababy | 2008-04-26 00:57 | 日常
<< はなかぜ 自分より上の世界 >>