日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


やることがない。

暇な時にやることがない。
といった感覚がいまいち理解できなかったりします。

こうやってダラダラネットしたりTV見たりする時間は、やることじゃないんでしょうか。
僕にとってはこれらも「やること」なので、「やること」がないなんてことはまずありません。

正直なところ家にいても外にいてもいくらでもやることなんて見つけられるので、たとえ時間的に余裕があったとしても、やることがないなんてことで悩んだりはほとんどしません。悩む場合はやる気をだせるものがないといった感じでしょうか。

僕の考え方の基本として、労働であったり生きるために必要な時間というものは、最低限に抑えて、残りの自由な時間を最大限とるべきというものがあります。

それゆえに必要な仕事は最低限に絞った上で最高の効率をたたき出してさっさと終わらせて、フリーな時間を増やすことを常に目指しています。

中には予定が詰まっていないと落ち着かないなんて人もいますが、彼らは何に追われてそんなに焦ってるのかが感覚として理解ができません。

時間が有限という感覚は肌で感じていますが、それに追われて生きるくらいなら、欲張らずに自分のできることを楽しくこなしていくのが健全かなと思います。

社会的には甘い考えなのはわかっていますが、まげたくないところですね。
[PR]
by pyababy | 2008-04-28 22:02 | 日常
<< チベット好きな俺がまじめに考え... 長期計画と集中力 >>