日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


表にない景色

遅すぎたと思うけど、この歳になって自分の凡庸さに気付いた。
今まで案外なんとかなってたのは、運がよかっただけだとも。

自分より上の人間なんてものはいくらでもいて、僕が彼らより上だと思っていた彼らが、実は僕よりも優れた人間だったりする。そのことに気付きながらも、気付きたくない一心で、彼らの存在を遠ざけていたのだと思う。

素の彼らは僕なんかよりも優れていて、それなのに他者からの評価は低かった。
僕は彼らの功績に比べて何もしていないのに、美味しいところを持って行くことが運良くも可能だったために、彼らより良い評価を得ていただけだった。

彼らは案外すごい。
そして過去の僕と同等だった彼らは、もっと先に行っている。
僕が先だと思っていた地点であぐらをかいている間に、彼らはもっと先に進んでた。

努力という行為。
僕が見下しながらも、僕が一番行っていた行為だと思う。
努力を人に見せることは恥ずかしいことだと思っていて、人にその姿は見せないようにしていた。だけど他人は、努力する姿を見せるものだと思っていた。

でもそんなことはなくて、他人も努力は隠していた。
それに気付けずに、他人の努力をちゃんと見られていなかった。

天才なんてものもいるわけがないのに、それのせいにしようと思ったときもあった。
彼らが天才なのではなくて、僕が凡庸で、努力をしなかっただけなのに。

人に隠せる程度の努力では上に進めない。
それすら気付けなかった僕が、何故この場所にいてるのか未だにわからない。

運に見放された僕は、何ができるのか僕には想像すらできないし、したくない。
[PR]
by pyababy | 2008-05-06 01:22 | 日常
<< 余裕がなくなる 音と現実逃避 >>