日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


normal

一分間という時間に僕が打てる文字数は、日本語だと200文字程度。
タイピング速度的にこれが限界だったりする。

200文字で伝えられる言葉は、案外多い。
日本人には17文字で世界を表現する文化があるだけに、
それの10倍以上の文字があれば、何だって伝えられる気がする。

時間の限定がなければ、凝縮された200文字というものも可能だろう。
でも何も考えずに、ただひたすら一分間タイピングしたときの文章は、
僕が読む限り文章と呼ぶにはつたなすぎるし、構成もめちゃくちゃである。

普通の言葉で普通に話すときの一分間。

一分間のスピーチというものは、案外難しい。
構成を錬らないと、時間が短すぎて何も伝えられないからだ。

人に伝える言葉は、人に話す言葉とは違うような気がしてならない。
[PR]
by pyababy | 2008-05-12 00:03 | 日常
<< ゆとりはバカになったのか いっぷんかんぶろぐ4 >>