日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


他人の生き方

やりたいことが決まっている人間が、それに向かって動かないことについて、
何故だか自分がイライラしてしまう。

そしてつい、背中を押してしまう。

先日もつい、他人の背中を無理矢理押してしまった。
普段なら僕が一押しすれば終わることが多かったのに、
それがすんなりと押し切れず、逆効果となってしまった。
(結果だけ見れば、僕が望んだ方向ではない方のやる気が出たみたいだから、それはそれで良かったと思うけれども。)

人の人生だからどうでもいいっちゃいいけど、
僕の目の前を通り過ぎていくなら、僕の目の邪魔にならない動きをしてほしい。

その辺が僕は傲慢だと思っているけれども、
僕の生きる上でそれくらいのわがままは言ってもいいんじゃないかと思う。

他人の生き方について、どこが良くて、どこが悪くて、
どこを直せばもっと良い生き方ができるのかは的確に指摘は出来る。

だけれども自分の生き方についての客観的な見方が未だにできない。
そして誰も指摘してくれない。

良い意味で、お前ならなんとかできると思われているのかもしれないし、
悪い意味で、お前には興味がないと思われているのかもしれない。

そのどちらだとしても、たまには誰かに背中を押されたい。
そしてそれを素直に受け止めたい。
[PR]
by pyababy | 2008-05-28 21:23 | 日常
<< 勝ち負け 人生を否定される。 >>