日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


成長してみてわかること。

なんとなく他のゼミに出てみました。

あまりのレベルの低さに、イライラしました。
こいつらは何を話しているのか、何を問題にしているのか、
どんな議論をしたいのか、どんな発表をしたいのか、
それすら僕には理解できませんでした。

多分僕だけじゃなく、他の人間も理解できていなかったはずです。
難しい言葉を並べて解ったふりをしているだけ。
だけどそれを誰も指摘しない。

議論になってからも、何に対しての意見なのか、
今質問されてることは何なのか、それに対する答えになっているのか、
といった基本すら何も出来ていませんでした。

そのせいか、そのゼミの先生は終始つまらなさそうでした。

僕も正直面白くはなかったのですが、
少し前の自分たちもこんなことをしていたんだなと思い知りました。

そら俺らのゼミも、先生がつまらなさそうにするわと。
何言ってるかわからないものが、面白いわけがない。

その部分って、指摘されたり、客観的に見たりしないとわからない。
調べて発表する人は、知識の羅列が大事だと感じているし、
発表を受ける人は自分の無知をさらけだすことに憶している。

でもそれじゃろくなゼミにならない。
議論すら出来ない。

僕が当たり前のように感じたこの指摘を、
そのまま僕らに対して先生が行っていたことを思い返すと、
自分たちはほんとに何をやってたんだと改めて思う。

でもこれからどんどん良くしていける自信と、
将来のヴィジョン、そしてそれを実行できる仲間がいるのが嬉しい。
[PR]
by pyababy | 2008-06-05 23:16 | 日常
<< 顎逝った 同族嫌悪 >>