日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


結果よりドラマ

スポーツの結果は、人間ドラマに劣ると思う。
いくら金メダルを取ろうが、生まれも育ちもエリートで負けなしの人材がとったところで、だれも喜ばないし盛り上がらない。だけど、母になった人間がとれば、苦難を乗り越えた人間が取れば、それだけで価値のあるメダルに変わる。

結果だけ見れば、勝者は明らかなのがスポーツ。
だけれども、それ以上の何かもある。

それが競技者のドラマであって、人間性だと思う。
どんな競技者にも、それぞれのドラマがある。
だけどそれが万人にとって面白くて、魅力的なものではない。

魅力的なそれを持つ人が勝つことを、いつのまにか望む自分がいる。
そんな人間が勝つべきだと、何故だか思ってしまう。

スポーツの魅力は、そこじゃないと心の底では思っている。
だけど表面に浮かび上がったドラマに魅入られ、勝ち負け以上の何かがどこかに見えるようになって、それに感情移入して見てしまう。

それが問題とは思わないけど、なんとなく嫌いだ。

勝ったやつが正義とはいわないけど、ドラマの善し悪しで語られてしまう何かが、
なんとなく気に入らない。

年々強くなるスポーツの裏側の報道が、競技自体の面白さを曇らせている反面、エンターテイメントとしてのスポーツは楽しくなったのかもしれない。
[PR]
by pyababy | 2008-08-11 23:30 | 日常
<< 肌に染みる風 濃いけど早く過ぎる日々 >>