日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


心配される

髪の毛を切りに行った。
ここ一年くらい同じところに行ってて、切る人も固定してる。
腕もいい気がするし、クセとかを解ってくれてるみたいで楽。

その人はカットの終わりの方になると、常に人生の経験談みたいな話をする。
今日は若いうちに動いとけ、みたいな話だった。

他の人にもそんな話をしているのかはよくわからないけど、
美容師というよりは先生と話をしているような感覚になる。

ほとんどの美容師は、探り探りで当たり障りのない会話(どちらかといえば客の話を引き出すために質問形式ばかり)をするのだが、それに比べるとよく話す方だと思う。

多分、僕のためにそんな話をしてるんだと思う。
そんな空気がでてるから。

昔から色々な人にそんな人生談を話される。
その時の彼らが話す顔は、決まって僕の人生を正そうとしている。

それほど他人に心配かけるような人生は送っていないはずなのに、
ありがたいようなありがたくないような話をされる。

彼らが何を思っているのかは解らないけど、彼らの気持ちは伝わってくる。
何してんだこいつ。っていう。

お前もっとできるんやからさっさとやれや。
そんなメッセージだとしても、自分を気にかけてくれている人がいるのは嬉しい。
[PR]
by pyababy | 2008-09-13 21:04 | 日常
<< 笑う壺 太った >>