日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夢なき生き方。

今時の小学生って、稼げる職に就きたい傾向が強いんでしょうかね。
某TVのランキングを見てたら、上位職が全部高給取りでした。

僕の小学生の時の将来の夢を思い返してみたんですが、思い出せません。
文集とかで無理矢理書かされるときは、適当に友達のを見て書いてました。
中学になっても、高校になっても特に将来の夢はなかったと記憶しています。

どちらかといえば現実思考だから、不可能に思える夢は夢を見ることすらしなかった、ガキらしくないガキだったんでしょう。

そんな過去を持つ今の自分は、相変わらず将来の夢なんてものはありません。

目指す方向とかはあっても、別にそれが夢というわけでもないし、ただ現実的に可能な範囲で、できる限り僕の理想に近い状況がそれであるだけです。

多分、将来の夢=職業ってのが気に入らなかったんでしょう。
将来何(職業)になりたい?ってことは聞かれても、将来何していたい(生き方)?ってことはほとんど聞かれた記憶がありません。

夢がその職業になるだけって、それが夢だとは僕には思えませんでした。

「夢に向かって頑張ってください^^」って言葉も嫌いでした。

夢以外のことで頑張ったらダメなのかと。
いかにもそれが素晴らしいことで、それ以外のことは完全に度外視しているその言い方が、すごく嫌いでした。

夢がないと言われても、現実的に自分のスキルと親のコネ、現在の学歴と状況、自分のコネの多さ、経験、経験から得られる自分の特徴から導き出して考えると、どうプラス思考に考えても中流上位ぐらい止まりだと思います。

ただ逆に、どれだけ酷い生き方をしていたとしても、人並み以上の生活だけはやっていけると思っています。

その辺の現実を加味して考える癖がついてしまっていたからか、夢という無価値のものに対して価値を生み出すことは僕にはできませんでした。

結局、叶わぬ夢を追うより、手には入る現実を確実につかむ生き方が、僕にとっての理想の生き方であるんだと、改めて思います。
[PR]
by pyababy | 2007-03-31 01:34 | 日常

博士と助手10

相変わらず細かすぎて伝わらないryは面白いね。

最近の糞みたいなお笑い番組と比べると、段違いに面白い。
対抗できるのM1くらいちゃうかな。

今日のは新人がすごくよかった。
あの声が人間を超越してる高校生とか、惚れそうなった。

末吉くんの優勝はまあ妥当。
あのネタで一時間番組見てみたいっておもうくらいだし。

そろそろDVDでもでねーの?と思いつつもでないっぽい。

落ちるだけなんだけど、何故だか笑える。
ネタが細かいから余計に笑える。
元ネタ知ってたら、すごく笑えそうだけどほとんど知らない。

おもろいから見てない人はようつべとかで探したら見つかるきがす。
言ってくれればメッセでry

今回の僕の中でのベストは、異国の喘ぎ声だな。
[PR]
by pyababy | 2007-03-29 23:53 | 日常

垢ハックが流行るわけ。

みなとでは垢ハックウィルスのURLが流行ってるみたいです。
僕のBlogの名前でコメントしてあるものや、いろんな種類の名前なんかで投稿しているものがあるみたいですけど、僕とは一切関係ないので見かけても怪しいURLは踏まないようにしてください。

僕のBlogにも最近は毎日そんな中華からのコメントが付いてるんですが、どれもこれも微妙な日本語であからさまに中華過ぎてワロスワロスです。

とまぁそんな垢ハックウィルスが流行るのは、すごく理解できます。

一般的な転生プレイヤーだとすると、資産は軽く見積もっても200M以上あることが大半だと勝手ながら思います。(経験上です経験上。)

もしその200MなりをRMTで売ったとすると、買取業者に売った場合ですら大体2万円前後、垢ハックしている人自体がRMTの売主側だとすれば、3万円前後儲かるわけです。

中国での一ヶ月の労働に値する金が、僕らのアカウントの中にあるわけですよ。

まあうまいこといって、一日一個垢ハックできたとしたら、一年で700万くらいですか。
楽してウィルス流すだけで、700万稼げるとか甘すぎだと思うんです。

しかも、ほぼノーリスクで。

コピペを貼るだけだし、串通したり違う場所から行えば、むしろ国外でやれば問題なし。
基本的に垢ハックしてから発見までの時間差があるので、本人に見つかるまではまずばれない。バレたところで誰が繋いでるかわからないから、その後の自衛をしっかりすることしかできない。ついでに癌が馬鹿だから、色々しててもry。癌がよく頑張ってBAN。

あとはRMT自体も、口座があればできるし、何も問題ない。

そして、電子データすぎて裁く法律もないので、捕まってもほぼ何ともない。

BOTみたいにBANの危険性や管理の難しさを考慮することなく、また、数の制限もなく無制限に行えるこの手法は、正直いって神。

美味しいプレイヤーに当たれば一発で50万とかだし。

もし訴えたとしても、その電子データを取り戻すことになるの?
何を取ったのかと言われても、データ自体だし、データに価値はないことになっているのが普通のゲームだから、多分金銭じゃ取れないんじゃないかな。ついでに海外から繋いでるなら、日本で裁けるのかな?よくわからんけど。

あとは普通のフィッシング詐欺とかだと、足が付くこともある。
口座から引き落とすときとか、その辺でね。いうなれば番号を盗んだとしても、使うときにリスクが大きいから滅多なことじゃ使えない。t-kカード会社は優秀だから、癌みたいなことはry。

その点このIDとPASS抜くだけだと、どこでinしても大して問題ない。
直接金銭を盗んでるわけじゃないからね。


まあそんな感じで、抜け道いっぱいあって、安全ノーリスクで普通に働くより稼げるってなったら、誰でもやるわなw

僕はもうROはしてないから特に気にしてないけど、現役ROプレイヤーは気をつけて。

(私見だから、結構適当かも。細かいことはもっと詳しい人にry。)
[PR]
by pyababy | 2007-03-29 02:55 | 日常

艶黒OK

前に書いたシャンプー使わない生活を何気にしてました。

なんというか、髪質が明らかに良くなりました。
ここ6年くらいで初めて髪に艶がでました。
切れ毛がだんだん減りました。
臭いはないみたいです。
脂っこくなるかと思ったけど、もともとが乾燥しすぎだったからちょうどいいみたいです。

一応髪の毛を染めているので、上の部分は茶色いです。傷んでます。
だけど次から生えてくる黒い部分は、ガチ艶有りです。
一本の髪の毛で違いがわかったりしてうはおk。

で、癖毛なんです。
だけどもともと小学生くらいまではストレートだったんです。
中学高校って競泳やってたからか、色素抜けまくりのその上で髪の毛染めまくりの、酷いときは手櫛すらろくにできない髪の毛になったときには、癖毛でした。

ここで僕は髪の毛の痛みがなくなれば癖毛もなくなるんじゃないかと仮説を立てました。

競泳やってたときに、色素の抜け方の激しい前髪は癖毛が強いんですが、色素があまり抜けなかった後ろ髪は癖毛がかなり弱かったりします。

これはもしやと思いつつ、髪の毛の生え替わるあと半年くらい頑張ってみるかな。。

ストレートじゃなくて、ちょい癖くらいにしたいです。

天は二物を与えずっていうしちょっと癖毛なら我慢してやるよ!
[PR]
by pyababy | 2007-03-27 23:18 | 日常

成功する本。

本屋が好きなので、本屋に行くと丸一日つぶせると思う。

僕が昔と比べて実用書とかも見るようになったからか、「○○で成功する」といった感じの本が結構この世の中に存在していることに気付く。

株で成功する本から速読で成功する本、料理で成功する本でも面接で成功する本でもなんでも、所謂成功者になるための本が沢山売っている。

これ書いている人達って、基本的に成功した人なんだよね?
一応そう信じて何冊か読んではみているものの、ほとんどのものが内容は同じ。

あたりまえのことをあたりまえにして、日々努力して、人が手を抜くところも努力していればいつかは成功するよ^^

ってことばっかり。

勉強関係なら、トイレの時間を有効に使おう^^、電車の時間を^^、寝る前の10分を^^。
ってことばっかり。

すごく当たり前。

むしろ、それすらせずに成功しようとしている心は、信じられない。
でもそれ以上に、そんな当たり前のことを書いても売れるのが信じられない。

そんな僕も、買ってはいないけど立ち読みしているから同じ穴か。

まあ多分、当たり前の日常でも成功できるかもしれないという淡い期待を持たせるために、書くんだろうな。その本に書くことが真実で、成功して欲しいと思っているなら、そんな本を読む前に動けって本の表紙にでも大きく書いてるだろ。


僕もいつか、「立ち読みで成功する本」でも書こう。
多分、こんなの買うような人には、著者が成功者じゃなくても関係ないと思うし。
[PR]
by pyababy | 2007-03-26 23:42 | 日常

垂れ流せない。

垂れ流しのはずのBlogを書くのに、結構時間がかかる。

大体20分~30分くらいだろうか。

大した内容でもないのに時間がかかっている。テレビを見ながらであったり、他の作業をしながらではあるのでそこまで時間をかけているつもりはないけど、時計の針はちゃんと進んでいるからその分の時間を使っているんだとは思う。

一日30分でも、一ヶ月使えば15時間だし、一年だと180時間になるのかな。
大体一週間くらいを、一年でBlogというものに費やしている。

こう考えると、ちょっともったいなく感じるのが不思議だ。

それだけをかける意味があるのかないのか少し悩む。

僕がこのBlogを書いているなかで得るものは何かはよくわからない。
ただの自己満足には変わりないし、多分他のことでもこの感覚は満たすことができる。

文章というものを残すことで、自分というものの存在を確認しているのかもしれない。
ただの下らない日常でも、毎日数百文字は書くことができる。

忘れていくような日常ですら、言葉に残せば意味のある過去になる。
だけど、過去を確認するために書いているのかと言えば、読み返しもしないBlogにはそんな意味もないと思う。

言葉が浮かぶときはすぐに書けるものでも、浮かばないときは言葉を無理矢理にひねり出す必要がある。そこまでして書くものでもないと思う。

でもこれが日常の一つのリズムになっているし、書くこと自体は嫌いではない。
むしろ今日という日を振り返るこの少しの時間は、好きな時間だ。

僕の今日なんて、たかだか30分のBlogを書く時間で振り返れる。
そのレベルの今日を生きていることがなんだか虚しい。
[PR]
by pyababy | 2007-03-26 01:17 | 日常

勝ちを喜べない痛み。

楽しいはずの女子フィギュアを見ていたときの気持ちは、悲しいものだった。

日本人選手以外もミスが目立ち、張り詰めた空気がテレビからも伝わってくる。
そんな状況での浅田の演技。

彼女の演技自体はすごくよかったと思う。
結果としてフリーのPBでもあったし、逆転もできた。

彼女がSPのあとに、フリーで挽回すると言った言葉は有言実行となった。
ただこれは、自分で自分自身にかけたプレッシャーにもなっていたように思う。
負けたくないという気持ちが産んだ言葉が、実は自分を追い詰めていたように見えた。

だけど結果としては一時はTOPに立つことができていた。
これは素人目にもすごいことであることは間違いない。

ただ、勝つためだけに滑っているようにしか見えなかったことが残念だった。
勝負の世界だからこれはしょうがないことだけど、それ以外の結果を軽視しているように見えてしまうのが、僕には悲しかった。

そのためだけに生きているというようなそんな雰囲気も厭だった。
それ以上に周りが作り出す勝利への期待が醜かった。

その後の安藤の演技。
これに対する周囲の目も酷かったように感じた。

綺麗に纏めていたはずの演技なのに、終わった後の実況のコメントも冴えない。
会場の空気も、浅田の勝利を確信している状態。

安藤が勝つ結果を、多分世間は求めていなかったと思う。
それを安藤自身も感じているように、僕には見えた。

だから、彼女の顔には笑顔がなかったと思う。
僕には作り笑いにしか見えなかった。

勝ったことは嬉しいんだろうけど、それよりも勝つはずの人を負かしてしまったこと、他人の期待を壊してしまったことへの罪悪感が抜けないように見えた。

勝負の世界は、負ける人が大半ではある。
だけど、当事者でない人が勝つ人を勝手に決め、他の人が勝つことを許さない状況を作ることは間違ってると思う。

勝つことを素直に喜べない状況を作ってしまった僕らは、
彼女に対し賛辞を送る資格はない。

(一方的な見方だから真偽はわからんけどw)
[PR]
by pyababy | 2007-03-25 03:07 | 日常

車時代

最近ようやく免許を取ったので、春休み中に少しずつ車の練習をしています。

教習所でちゃんとやれや!ってことなんですが、横に教官がいる状況といない状況ではやっぱり違うわけで、自分自身の目だけを頼りに動くのはなかなかにめんどくさいです。

運転自体は難しいこともなんもないんですが、安全確認であったり、横に誰かがいない不安なんてものがあったりして、結構チキンな運転です。

しかし車ってものは、ほんとアホみたいな数走ってますね。
どこいっても車車車轟。

正直いって運転は脇見とかあんまりできないし、寝れないし、本読めないし、ってことであんまり好きじゃありません。僕は寝れる、読書できる、風景見放題、人間観察し放題の電車Loverであります。

電車は込んでなければ、優秀な移動手段だと相変わらず思います。
まず時間通りに動く。運賃は都会なら高くない。金出せば早い。

でも込んでたら、めんどくさい運転の車以下です。
痴漢に間違われる。おっさんが臭い。おばはんも臭い。汗でべとべと。痴漢される。

そろそろ新しい中距離移動の交通機関が欲しい。

込まない。臭くない。寝れる。人が見れる。痴漢されない。煩くない。
この辺満たすやつが理想。
[PR]
by pyababy | 2007-03-23 23:53 | 日常

技術以上に磨かれたもの。

昨日のSPで男子フィギュアにはまったので、ミーハー丸出しだけど今日のフリーもwktkしながら見てました。

昨日007でSUEEEEっておもったジュベールは、なんというか微妙でした。
確かに細かくまとめてはきてるけど、確実に勝てる滑りをしてたように見えました。
正直フィギュアを見る目がないので、実際は必死に攻めてたのかもしれませんが。
(結果的にはTOPだったからそれでOKだと思うけど。)

対照的に高橋は、かなり攻めにいってたように見えました。
言葉では表現しにくいんですが、限界の人だからこそ生み出す鬼気迫るオーラというものが見てて感じられました。最後のステップの前の段階で、鳥肌モノの何かがありました。その後のステップも見事で、ラストの仮面を剥ぐところでは、自分自身の皮というものも、見えない部分で剥いでいたように僕には見えました。

緊張と声援とそれに応えなければいけないプレッシャーというものを全て味方に付けたような演技だったと思いました。

多分世界のTOPクラスの選手って、ポテンシャル自体はどの人も同じ程度だと思うんです。だけどそこでも差が生まれるのは、ポテンシャルというものは客観的に測れる事実かもしれないけど、それを生かすのは人間であるということに尽きると思います。

どれだけ技術があってもそれを生かす心が未熟だと、最高のものにはならないと思います。その心を強く持ち、結果を出せた人がメダルを持てた人なんだとも思います。

技術的な部分もそうなんですが、それ以外の心の部分を鍛えていくために日々練習に励むんだろうと思うところです。

結局のところ、最後に頼れるものは、コーチでも観客でも神でも何でもなくて、自分自身の力、そして練習に裏打ちされた自信だけだと思うんです。

試合という一瞬のためだけに、自分自身を磨き上げてきた彼らの誰もが人間として素晴らしい選手であることだけは、メダルなんてものは関係なく存在する真実だと思います。
[PR]
by pyababy | 2007-03-23 00:33 | 日常

銀盤のうえのおとこ。

フィギュアにはあまり興味なかったので今までほとんど見てなかったんですが、ペアと男子フィギュアはすごく面白いですね!

日本だと女子が主に注目されているから、女子についての特集は多いから厭でも名前とかもわかってるんだけど、あまり滑りには興味が沸かなかったんだよね。

荒川さんの滑りはちょっとゾクゾクしたけど、他は正直いってどれも似たり寄ったりで芸術感性の薄い僕には違いがよくわからなかったりしました。

4回転も3回転も動体視力が悪すぎて違いがわからないので、安藤がどーとかエアロがどーとか特に何も思わなかったわけです。

強いて言えば、うほあのフランスのやつかわええええええとかその辺ぐらいでしょうか。

男子は日本人だと織田と高橋が注目されてるみたいなんだけど、両方ともビジュアル的にも特に興味がもてないので、スルーするつもりでした。

ところがどっこい。。。
まずは昨日(一昨日)のペアを見て、中国雑伎団に感動。

サーカスみたいなスケートしてて、おいおいおいおいおいおいお前ここは氷の上でミスったら頭打って死ぬぞとか思っちゃうような滑りをしてて、軽く見入ってしまった。

いやあスケート舐めてたね。
綺麗とかそんなことより、ただ見入ったね。

そんなこともあって、なんとなくSASUKEのCM中に男子フィギュアを見てた。

いっつも女子ばかり注目されてて、スポーツニュースでも女子しかほとんど流れてなかったせいか、男子フィギュアに感動。

スピード感もすごいし、何より技の切れがまったく違う。
あとは演技も女子みたいな美しさだけを求めるんじゃなくて、面白さであったり格好良さであったりその人を生かせる振り付けをしていて、すごく引き込まれた。

中でも圧巻だったのが007の人。(名前しらないごめん)
音楽も自分が知っているのだったから余計引き込まれたし、途中に007の真似(銃を撃つ格好、車の運転の真似他)をしていて、軽く笑ってしまった。だけど、そんな細かい演技だけじゃなくて技術面もすごいみたいで、フィギュア鑑賞初心者の僕にとっても多分こいつはすげえんだろうってのが伝わってきた。SPは結局その007の人がTOPだったみたい。

というか前日の夜に、ペアの音楽があまりにも下らなすぎて、もっとロックとか映画の曲とかそんなカッコイイのを使えばいいのになーとか思ってた矢先だったから、007の音楽を使いながら演技も混ぜてたことにすごく驚いた。(僕がフィギュアをみなさすぎだからそう思っていただけだと思うw)

今度はマトリックスの音楽かけて、イナバウワーしてほしい。
[PR]
by pyababy | 2007-03-22 01:51 | 日常