日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

チベット好きな俺がまじめに考えてみる。

多分、俺らも中国人も、守りたいものは一緒だと思う。
ただその中で、何が大切かというのが違っただけだと俺は思う。

確かに俺らの生きる世界の基準で考えたら、今の中国が行ってきたチベット弾圧などは許されることではない。だけれども、多分中国基準で見たら、そんなことはないんだと思う。俺らにも中国人にも、相手の基準で考えるということが抜けている。

俺らの基準で考えたら酷いことだから反対する。
それは悪いことではない。だけれども、何も生まない。
なぜなら相手が何故それを行っているのかを理解していないから。

そもそも何故中国はチベットを弾圧するのか。
そしてなぜそうまでして俺らがフリーチベットを叫ぶのか。そこをお互いが分かり合う必要が大きいのに、なぜその機会を自ら閉ざしているのだろうか。

少なくとも僕の知っている中国人は、僕らと何も変わらない。
腹が減ったら食って、勉強して、嬉しいことがあったら笑う。

僕らが一番忘れたらいけないところは、そこだと思う。
それを忘れてしまっては、俺らが否定している今の中国と何も変わらないから。
[PR]
by pyababy | 2008-04-30 01:17 | 日常

やることがない。

暇な時にやることがない。
といった感覚がいまいち理解できなかったりします。

こうやってダラダラネットしたりTV見たりする時間は、やることじゃないんでしょうか。
僕にとってはこれらも「やること」なので、「やること」がないなんてことはまずありません。

正直なところ家にいても外にいてもいくらでもやることなんて見つけられるので、たとえ時間的に余裕があったとしても、やることがないなんてことで悩んだりはほとんどしません。悩む場合はやる気をだせるものがないといった感じでしょうか。

僕の考え方の基本として、労働であったり生きるために必要な時間というものは、最低限に抑えて、残りの自由な時間を最大限とるべきというものがあります。

それゆえに必要な仕事は最低限に絞った上で最高の効率をたたき出してさっさと終わらせて、フリーな時間を増やすことを常に目指しています。

中には予定が詰まっていないと落ち着かないなんて人もいますが、彼らは何に追われてそんなに焦ってるのかが感覚として理解ができません。

時間が有限という感覚は肌で感じていますが、それに追われて生きるくらいなら、欲張らずに自分のできることを楽しくこなしていくのが健全かなと思います。

社会的には甘い考えなのはわかっていますが、まげたくないところですね。
[PR]
by pyababy | 2008-04-28 22:02 | 日常

長期計画と集中力

今回のプロジェクトは半年ということなので、やる気の調整が結構難しいです。
僕の性格を考えると、最初はかなり抑えないと間違いなく中だるみするのです。

ですのでかなり抑え気味でいっていると、周りは最初だからテンション高いわけです。
多分周りからみるとなにこいつ低すぎひでえって感じでしょう。

集中力にしてみても、他人とは違うタイプのようです。

短期集中というより中期まったりといった感じです。
それゆえ休憩のタイミングが周りと違いすぎたりします。

もともと個人作業が好きなので、チーム作業はやはり苦手です。

他人とする作業は面白いのですが、ストレスであったり、邪魔くさかったり、何よりも予定を合わせるのがめんどくさいです。

ああもっとここ効率化できるのにとか思うシーンがしばしばあるのですが、考え方の根本が違ったりするのでそこもあまりうまくいっていない気がします。

まあ慣れたらいいなと思いつつ、最近それなりに楽しいです。
[PR]
by pyababy | 2008-04-28 00:25 | 日常

はなかぜ

酔っ払いに絡まれて家まで送って行ったら、風邪が悪化しました。
軽くSINITAI

最近すごく一人暮らしがしたいというか、家に帰るのがめんどくさいです。
学校周辺で終電まで作業することが多くて、帰る時間がもったいないなと。その分ほかの人より早く作業を終えないといけないので、時間的にもめんどくさいですし。何よりいちいち帰ったり出たりするのがめんどくさい。

とはいえども家から学校までは一時間ちょっと。
さすがに金銭的にもそんな余裕はなく、親に甘えるわけにも。

往復2時間をなくすために、月100時間バイトとかしたら本末転倒ですからね。

まあどうせ二年後にはさよならmy homeするのでまだ実家ラブしますけど、今年の夏だけでも近くに住めたら楽だなと思ったりします。
[PR]
by pyababy | 2008-04-27 00:43 | 日常

鼻が折れる

自分のできることの小ささに嫌気がさす。

本気で考えると、すごく小さなことしか論文を書くことができない。
小さな専門性を馬鹿にしてた自分に腹が立つ。

論理的思考というものにも疑問が尽きない。
あくまで思考の一つであって、それを所謂世界での地理的時間的限定を付けた上での最高峰の考え方としている理由がよくわからない。論理的思考能力ってのは大切だと思うけど、間違いなくそれがすべてではないから。

それが通じる人間というのは限られているといえるのに、それを極めていくことが何を生み出していくのかが僕にはやっぱりわからない。

伝わらない人間の方が多いのに、伝わらない思考で研究してる。
それでいて伝わらない研究発表をして、伝わらない人間の中で満足していく。
本当に変えなければいけない人たちには何も伝わらなくて、それでいいのかなって。

僕らの思考の中では完全に放置されている人間を、たぶん僕らは相手にしていかなければならない。そうであるならば、彼らの思考にも伝わる形で学ぶべきではないのだろうかと思ったりもする。僕がら行うことなんてただのおごりで自己満足でしかないことは理解していても、それでいいのだろうかという疑問はなくならない。

数学でもなんでも、今の地理的時間的条件の元のみでしか機能しない。
それなのに絶対だと信じてしまう感覚を早く抜き去りたい。

だけど僕らの世界は彼らを置き去りにしたまま進んでいく。
[PR]
by pyababy | 2008-04-26 00:57 | 日常

自分より上の世界

今自分が所属している団体は、僕よりも偉い人間であふれています。
知識面はトントンだと思うけれども、本当の意味での知性では大幅に負けています。

正直なところ、ここまで完敗に近い集団は初めてで、自分としては今の状況がすごく楽しいわけです。ある程度適当にやってても勝てる中でしか生きてこなかったので、今の周りの人間が新鮮で、彼らから得られるものがすごく大きくて、自分を成長させるチャンスという実感を肌で感じています。

前々から聞いていたものの、中に入ってみてわかるすごさがあります。
自分としても負ける気なんてさらさらないですが、彼らからいろいろなことを吸収し、僕も彼らに何かを与えられたらと思います。

体力的な面以外はwktkできているので、半年間しっかりやろうと思います。
僕ならではの良さを彼らに与えられたら、大きな変化をもたらせれるとも思っているので、うまいこと融合していきたいところです。

しかしながら、世の中にはすごい人間がいっぱいいるものです。
僕が錆びてしまったというか、まあ元もあれですが、いつのまにこんな差がついたんだろうなと思ってしまいます。結構一般人は見下している性質の僕ですら、白旗を上げるしかない状況。ここからだとほんと上がっていくしかないので、ある種のゲームみたいで面白いなと思います。

先日も書いたように、遊びなんですよね。
ガキの頃やったけいどろの大人版みたいな。
大人ならではの楽しさというのを突き詰めていけば、相当楽しめると思います。

やるときゃやって、楽しんでいけたらいいなと思います。
負けられないし、勝たせてあげたい。
そんな気持ちですが、問題は身体なのでとりあえず寝ます。
風邪ひいたのどいたいksg
[PR]
by pyababy | 2008-04-23 00:46 | 日常

世間の常識と自分の常識

誰でもそうだろうけど、この二つには地味な差がある。
でも誰もが、そのどちらをも前提として話そうとする。

自分の中だけの常識が世界の常識であるとも感じ、その逆も感じている。

地域や育ってきた環境によって違うことは理解していても、その違いを積極的に埋めようとは誰もせず、自分の常識の枠を外そうとしない。

話し合いをしているときに、それを強く感じるときがある。
前提が違うということを意識できていない人間が多い気がする。それは僕らが未熟だからこそ感じることだと思うけれども、そこを埋めない限り話が纏まる気がしない。

自分の常識を、まずは疑う。
他人の常識を、ひとまず認める。
そして両者の中に新しい基準を作る。

たったこれだけの作業が、なかなか終わらない。

ある意味において独裁制というのは、効率がよい。
[PR]
by pyababy | 2008-04-21 23:24 | 日常

法律で遊ぶ

たぶん今自分がしていることは、これなんだと思う。

今までいろいろなもので遊んできた。
野球であったり水泳であったり、ROであったりスマブラであったり。

それらが遊びじゃなくなった瞬間、僕はそれらが嫌いになった。
遊びから義務になったように感じられた時がそれ。
楽しめなくなってしまっていた。

法律に関しては逆だと思う。

僕はただ勉強として法律を選んでいた。
それ自体はつまらなくはなかったけど、楽しいとは言い切れなかった。

そこで少し違った決断をしたら、法律で遊べるようになった。
この決断は逃げなのかなと思ったけど、そうでもないと思う。

遊ぶなら徹底的に。
その手段が法律になっただけで、僕のやることは何も変わらない。
遊び続けてきたんだから、それに関しては錆びている気がしない。
[PR]
by pyababy | 2008-04-20 23:41 | 日常

ポジティブになる

春は新しい出会いがたくさんある。
その中で今年は、仲良くなれそうな人間、そして自分を成長させてくれるだろうと感じる人間との出会いが多くて、例年になく面白い。

後輩だろうが先輩だろうが、見習うところがすごく多い。彼らに自分がどれだけ与えられるかわからないけれども、お互いを高めていけたらいいなと思う。

このままじゃないけど、これからの半年をしっかり過ごせたならば、自分が成長できるというビジョンが見えているのも嬉しい。僕が一目見てオーラに惹かれた先輩に、半年を捨てることで近づけるのなら、いくらでも半年くらい捨てたくなる。

どうせやるなら面白く、楽しく。
でもfunnyじゃなくinterestingで。

いろいろしんどいこともあるらしいけど、楽しめそう。
というより、多分だけど楽しんでいるうちに終わるんだろうなと思う。
最近そんな視点が前よりも多く持てるようになった。
だからどんな時間も最近は楽しい。

半年限定で、人に騙されてみることにした。
人は信じないことにしているが、だからこそ騙されてみたい。
[PR]
by pyababy | 2008-04-20 01:27 | 日常

終電帰り

色々あってほぼ毎日終電帰りみたいです。
下宿したいなと思いながらも、距離的金銭的に微妙です。

もともとバイトが嫌いなのでほとんど働いていないため、
最近じゃお金がほんとに厳しかったりします。

その割に買わなければいけない本があったり、ノートPCが必要になったり、結婚式に呼ばれたり、飲み会シーズンだったりでお金の消費が激しいです。

なんとなく思うんだけど、結婚式って酷い浪費だよなーと。
呼ばれる人はご祝儀で赤字、開く方も赤字。
会場はウハウハなんだろうけどな。

祝い事をケチるのは良くないと思うんだけど、なんとも腑に落ちない。

気持ちがあれば十分という建前とかなくせばいいのにな。
素直に金がほしいといえば、問題ないのに。

カツカツだけど出した方がいいのか、出せないなら欠席した方がいいみたいなマナーが書いてたりするけど、ほんとどうすりゃいいんだろな。

懐余裕ないと厳しい話ですよほんと。
[PR]
by pyababy | 2008-04-19 17:38 | 日常