日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

将来を考える

そろそろ真面目に将来を考えないといけない時期らしい。
今までも一応までに色々と考えてきた。

だけれども、ここまでやりたいことがないとは思ってもいなかった。
色んな職業の本を読んだり、話を聞いたりしてみても、魅力は感じたとしてもそれをやりたいとは思えなかった。ただなんとなく、しっくりとこない。大事なことは論理じゃなくて情緒で決めたい僕はそんな人生の基本を一番決められない。

多分このまま行けば、普通に就職することになる。
会社なんてどこでもいいので、近場を選ぶだろうけど。

法曹になる可能性もまだ捨ててはいない。
でもあの業界の迷走っぷりには今日も驚かされたので、どんどん魅力がなくなっていく。法曹人口を増やすと言い出して、増やしだしたところで今度は減らせとかもう意味がわからない。あいつらなんで弁護士とかなのに先が見えてないのかほんとに理解できない。

まあ弁護士の自営業で行えるという魅力はすごく大きいけれど、その後の保障もなくロースクールに通うことや、法曹人口の話などを見ている限り、デメリットの方が大きい気がする。人を救いたいなんて思ったこともなく、金のために働くなら同じ労力で他の業種の方が稼げたりするあたり、金という魅力もなくなってしまった業界に入る理由はあまり見当たらない。ただ、面白さという面では捨てがたいものがある。だけど人の人生をゲームのように扱うのって、どうなのかなと思ってしまう。

あと何個か考えてるけど、実現の可能性はどれも低い。
これはギャンブル的要素が強いから、人生のツマミにはなりそうだけどな。

夢がないだの目標がないだのいって生きてきたが、そろそろそんなものも関係なく社会に出て働かないといけない状況らしい。誰が決めたのか解らないが、日本で生きていくならばそうしなければいけないみたいだ。

じゃあいっそのこと海外移住して狩猟生活でも悪くないんだけど、文明の利器を知ってしまった僕に狩猟生活が出来る気はしない。

そうなると結局何か働かないといけないわけで、金が必要になる。
金を稼ぐだけなら人を騙せば早いんだけど、あまり気が進まない。

ついでによく考えるとあまり金に興味がない。
普通に過ごしていくだけなら、週三日くらいのバイトで事足りる。

いい暮らしがしたい、良い家に住みたい、車が欲しい、なんていう目標なんかがあればいいんだけど、そのどれもなくて、ただ日々が楽しくて平和でそれなりに充実してればいいかなーくらいのことしか考えられない僕には、この暮らし自体が合わない。

生きるのはもう正直めんどくさいんだけど、死ぬわけにはいかない。
死ねない理由があるから、今はまだ死ぬ選択すら選べない。

結局消去法で選ぶ僕の人生は、本来の意味での自由はないのかもしれない。
でも周りの人間から見れば、自由に生きているらしい。

彼らがどれだけ不自由なのか僕には解らないが、あまり自由に見えない。

人生に求めるもののベクトルが彼らと少し違うだけで、僕の不自由が彼らの自由に見えるのならば、僕のベクトルを少し変えるだけで自由になれる気がしたが、今更生き方を変えるのも自分らしくないと思って、結局最初に戻る。

多分そうやって、将来も生きているんだと思う。自分では一生満足できないけど、他人から見れば十分やったやんみたいな人生を。

結局何も残せず死んでいく姿が浮かぶんだけど、
死に顔は案外楽しそうなのが困る。

将来の良い想像は出来なくても、楽しそうに死ぬ想像が出来るのがせめてもの救いか。
[PR]
by pyababy | 2008-07-26 23:29 | 日常

atusugi warota

暑かったのと用事があったので高校のプールに。

久々にちょっとまともに泳いだら、しんどすぎわらた。
3時間くらいしか外に出てないのに焼けすぎわらた。
家帰ったら顔と体赤すぎわらた。

さすがに丸3年まともに泳いでない体は全然泳げませんが、
ここ2週間くらいでだらだら遊泳しているうちに、徐々にマシになってきました。

とはいえども現役と比べたらカスみたいなタイムですけど。。
今日は3000泳いだだけで散りました。

昔12000とかで軽いなーとか思ってた自分が懐かしい。
[PR]
by pyababy | 2008-07-23 01:00 | 日常

ふみきり

フミキリが解散との噂を聞いたので、なんとなく日曜日にIRCに入ってみたら、
LKが足りないからCS側で出てくれとのお達しがあり、2年ぶりくらいにGvにでました。

まともなGvというのが確かCS解散のときが最後のはず。
あれからあんまり変わってないなーと思ったりしたけど、
人が全然違うなーってのが2年ぶりの印象でした。
CSはほとんど変わってないのがさすがだけどな!!!!!

戦術的なことに関しては、僕がSnp実装されたときに妄想していた#防衛が主流になりつつあるみたいなことを聞いて、時代先取りしすぎたなとか勝手に思ってました。確か過去の記憶をたどれば、聖体+影矢で#する人と状態異常矢で#する人に分けたりして、5人くらいでライン組めば秒間10k↑が安定して出せたみたいなはず。もう忘れた。確かでもそのときは、Snpが確保できないってのと、スクリームに耐えれないやんってのと、SPどうするの、SGくらったら即死やん、みたいな感じで妄想乙ってなった気がする。

そんなことはどうでもよくて。
さすがに2年経てば、知り合いってほとんどいなくなるんだなーと。
ゲームの世界でも知り合いが減っていくことに普通に哀しかったな。
いなくなるはずないと思ってた廃人様が引退してたり、昔ゲーム内とはいえつるんでた人たちがまるまるいなかったり。

リアルでもそうだけど、2年って歳月は結構長い。
2年前の僕と、今の僕ではつるんでる人間が全く違うように、着ている服や、考えていることがどんどん変わっていくように、思った以上の変化がある。

でも久々にあった人たちはそのままで、Ro内での厨プレイヤーっぷりを覚えてくれてる人が案外いて、なかなか心地よい世界でありました。

青春時代をRoに捧げた僕は、あの金髪デフォが懐かしいわけですよ。
[PR]
by pyababy | 2008-07-22 01:06

限りなく黒に近いグレー

僕の知り合いが関わった事件で、死刑が確定した。
人が死ぬのを、僕らは喜ぶらしい。

人を殺した人だから、死んで当たり前。
死んで当然。死刑を執行しろ。早く殺せ。

そんな言葉が溢れていた。
彼を擁護する人はほとんどいなくて、
冤罪の可能性を主張する人もほとんどいなかった。

掲示板に現れるこの声は、多分僕らの世界の縮図と変わらない。
そこでの声は、殺すことに何の躊躇いもない声に聞こえた。

僕はこの事件について詳しいことはわからない。
真実なんてわかるわけもない。

ただ、自分が調べられる範囲で調べた結果、
限りなく黒に近いグレーで、無罪だと感じている。

知り合いからも色々話を聞いた。
直接被告人と触れあった人の話だ。

その人が無罪だと言う。
その言葉を直接信じるわけではないけれども、
自分が調べられる情報の中で一番信頼できる。

無罪だと感じる人が死刑になり、
無罪であったとしても死ぬことを強要される。

裁く国にではなく、観客として見守る国民にだ。

多分僕らは、心の底で誰かが殺されるのを楽しんでいて、
自分が安全な場所から人が死ぬ場所を見ることに優越感を抱いている。

自分では人を殺すことはできないけれども、
誰かが人を殺すことに心は同調してる。

僕は死刑廃止論者ではない。
だけれども、無意味な死を望む人間でもない。

人が殺されるのには悲しみを抱くのに、
人を殺すことには喜びを抱く。

彼らの思いは、グレーではなく、ただの黒だと感じる。
[PR]
by pyababy | 2008-07-20 01:19 | 日常

書けなくなった

去年やそのちょっと前くらいは、いくらでも文章を書くことが出来た。
読み返してみたくもないような駄文ばかりだけれども、キーボードに指をのせれば、自然とキーをタイプしていけた。でも今は、文章が、言葉が全然浮かんでこない。

たかだか一つのエントリを書くだけでも、一仕事に思えてしまう。
5分10分文字を書く行為が、これだけに大変だったのかと思うくらいに。

あのころが書きたかったのか、今が書けないのかよくわからない。
書きたい衝動というか、何かを書きたい気持ちは常にあるはずなのに、何を書きたいという気持ちは何故だかなくなってしまった。

日々起きたことを綴るだけでもいくらでも書けたものが、
ここまで書くのにすら苦労している。

自分にとっての書く行為が、だんだんと意味をなさなくなったのかもしれない。
書かなければ表現できなかった自分の気持ちを、それ以外の行為で埋めることができるようになったのかもしれない。

多分だけど、色々な意味で溜めている時期なのだとも思う。
漠然とした書きたいが、書きたいに変わるときに、
新しい何かがつかめるような気がする。
[PR]
by pyababy | 2008-07-16 00:13 | 日常

勘違い

成長した気がしていたが、そうでもないみたいだ。
今までとあまり変わらない。
むしろ少し劣る感じがする。

その理由としては、多分過渡期だからだ。
今までの自分も捨てきれず、新しい姿にも馴染めていない。
この二つの間から抜け出さない限り、成長には繋がらない。

色々なことを知れば知るほど、自分の小ささを知る。
見えていた世界がどんどん広くなる中で、
自分の手の届く範囲ですら守れないことにも気付く。
[PR]
by pyababy | 2008-07-15 00:46 | 日常

人と話す

自分の中で色々なことが限界に達すると、とりあえず人と話したくなる。
相手は正直誰でもいい。
ただ、話を聞いてくれる人っていう前提が付くけど。
ついでにいえば、話した内容が漏れない人か。

だから結局、誰でも良くなくて、話す相手がほとんどいなくなる。

さらにいえば、話す人がいないってのも、一つの辛さになる。

結構誰にでも話せることって少なくて、
自分で解決出来る問題ってのも少ない。

そのくせに、誰でもいい人間には何でも話せる。

繋がりが強くなるにつれて、話せない話題が増えていく。
繋がりが無くなるにつれて、話せることは増えていく。

でも話したいことは、繋がりが強い人にこそ話したい。
[PR]
by pyababy | 2008-07-13 01:22 | 日常

春学期終わり

春学期の授業が全て終わった。
後はテストがあるらしい。

この春学期で自分が成長した気がしたけど、案外そうでもないみたいだ。
やっぱり思ってた以上に話せないし、伝えれない。

ほんと何も進歩してない気がしてくる。

でも進歩したと思うところとか、新しい発見とかは色々あった。

人に伝えることの大変さ、今までバカにしてた演劇の大切さ、コミュニケーションの大切さ、自分の声の聞き取りにくさ、話すことの難しさ、思考をすることの楽しさ、その他色々な面で、新しい発見があった。

今まで「できて当たり前」と思っていたことを実行することが実はすごく難しくて、
人生ってのは案外なんとかならないもので、
自分って思ってたより力が無くて、
他人ってスゴイ人が多かった。

どんな人にもいいところがあって、
それを素直に盗みたい、奪いたい、って思うようになった。

結構色々なことを経験してきたと思ってたけど、
全然そんなことはなくて、もっと上を目指したい気がして。

ただでも、やっぱりこの世界には魅力はなくて。

色々考えて過ごした3ヶ月があまりにも早すぎて、
何も出来なかった3ヶ月がもったいなく感じたけど、
でも日々満足できるくらいには生きたとは思う。
[PR]
by pyababy | 2008-07-11 23:25 | 日常

問いに対する答え

考えても答えが出ない問いがある。
どちらかといえば、そっちの方が多い。

でも何故か、答えが出るのが普通の気がする。
多分それが、日本の教育の間違いだったんだと思う。

答えの出るわけがない他人の気持ちやその他色々な物も、
いつかは解決できる気がする。

そんな期待をもつような教育は、正しいのかどうかもよくわからない。

知れば知るほど疑問が増える。
それを一つ一つ解決できるほど自分のスペックがないのが哀しい。

自分にもう少し能力があったならばと思わざるをえない。
もっと色々なことができたのにと。
[PR]
by pyababy | 2008-07-10 00:49 | 日常

理解しないこと

理解した気になっていたことがあまりにも多い。

正直なところ、今の日本の資格試験のほぼ全て(現状最高峰と言われる試験を見る限りだけれども)は、理解していなくても、理解した気になっているだけで合格できる。そのせいか、資格試験の勉強をしてしまうと、ものごとの本質の理解をすることが回り道のように感じられ、結局何も理解できなかったりする。

僕も正直、何も理解していなかった。
論点があれば、問題点とそれに対する結果を反射的に言えるように覚えたりすることによって、その論点が理解できていると思ってしまっていた。それでも資格試験の対策としては成果は出ていたし、問題はないと言えば無い。

だけれども、それは本当に無意味だと今は思う。

効率を追及するあまり、意味のない行為に時間を割いた。
結果的に見たら、時間をドブに捨てたのと何も変わらない。
それなのに、時間を捨てている間はそのことに気がつかない。
その行為をすることが一番効率の良いことだと信じているから。

別に今の予備校が悪いとは思わない。
試験の合格だけを考えるならば、確かに効率は良い。
でも、一歩引いて考えれば馬鹿らしい。ほんと、意味がない。

試験という性質上効率的に学習することは大切だけど、それ以上に大切な学ぶことの本質を没却している現状には、くだらないという言葉を捧げたい。

今の勉強法が優れているとも思わない。
だけれども、意味のない暗記行為よりはマシだと思う。

それと同時に思うことは、何であんな無意味な行為をしないと受からない試験を作っているのだろうといこと。日本の資格制度って何かおかしい。

本質的な力の有無ではなくて、資格を得るための力の有無を測るだけ。
優れた無資格者より、劣った有資格者が優遇される。

この社会はほんとに、何かが狂ってる。
資格というのは、優れた人間を証明する道具じゃなかったのかな。

それなのに今は、劣った人間が自己を過大評価させるために、資格を使う(もちろん優れた人間が持つ場合の方が多いけれども)。

形に入ることでしか何も出来ない社会は、ほんとにどうかしてる。
それが社会の効率化の結果だとするならば、間違いであったと言い切れる。

また社会批判になってしまった。
批判したところで何も生まないのに、批判が先行してしまう。
解決策が見いだせるわけでもなく、批判だけする人間の僕もどうかしてる。
[PR]
by pyababy | 2008-07-06 23:31 | 日常