日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

夏が終わる。

今年の夏はいかんせん短い。
梅雨明けが遅かったこと、そしてその後にも雨が続いたこともあって、実質的な「夏」の始まりが遅かった。その上に、今の時期ですら秋を感じられるほど、秋の始まりが早い。夏と呼べた日々は、僕の中では数えられるほどしかなかった。そんなこともあって、今の段階で夏が過去形になっているほど、今年は夏をあまり感じることができなかった。

とはいうものの、自分の中では夏をそれなりに楽しめている。
その理由を挙げるとすれば、今年の夏は自分の中で1つテーマを決めていたといったことだろうか。今までの夏ではそのようなことをしたことはなかったが(部活の目標などは別として)、学生最後の夏ということもあって、1つのテーマを決めた。それは、「関西でしかできないこと-特に今まで体験したことがないコト-をやろう」というものであった。来年の四月からは多分関東に住むことになるため、悔いなく関西を去りたいという意識が働き、関西という限定を自分の中で課した。

それゆえに、今まではあまり好きではなかったイベントに足を運んだりしている。あまり好きではない祭に行ったり、大文字焼きなんかも見に行ったりした。心の底から楽しいと思えるイベントは多くはないが、経験としてはよいモノばかりだった。普通に生きていると、来年もあるからいいや、と思って流してしまうようなイベントも、今年がラストになるかも知れないという思いが働くと、特別なモノに思えてくるから不思議であった。

社会人になれば、お金はあっても遊ぶ暇がないといったことをよく耳にする。そんな風になる気もするし、気のせいだとも思ったりする。多分僕個人としては、あまり今と変わらないように思える。もともとそんなに遊び好きでもないし、大学生の今ですら週1ないし月2くらいのペースでしか遊びに行かないような人間だからである。毎日のように遊んでいる人間にしてみれば、遊ぶ暇が無くなったように思えるだろうが、独りでいること、そして家にいながらできること(読書やギターや勉強など)が好きな僕には、現状より使えるお金が増えて充実した休みになりそうな気がしなくもない。まあその辺はなったときに考えよう。

ただひとつ大きな違いがあるとすれば、遊び相手の有無なのだと思う。今であれば、「今日暇?」といった無茶な誘いであっても遊びに行ける人間を見つけることはできるが、社会人になり自由に使える時間の絶対量が減ると、そんな風に遊びに行ける人間はどんどんなくなるのだろう。そして10人単位で遊びに行くことも、予定がかみ合わず不可能に近くなるのだろう。その意味では、今以上に彼らと遊べる期間はないのかもしれない。

こんなただの引きこもりにしては、良い友人を持ったと思う。数こそ多くないものの、一緒にいて楽しいと思える友人や、尊敬出来る友人ばかりである。そして何よりも、僕の無茶な誘いを快く受けてくれる。聖人君子のような彼らと過ごす期間は大切にしたいと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-08-27 01:14 | 日常

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則

怖いくらい通じるカタカナ英語の法則 (ブルーバックス)

池谷 裕二 / 講談社



脳科学者が書いた通じるカタカナ英語の本。

英語学習をする上では、カタカナ英語は禁じ手とされている。その一方で、タモリ倶楽部の空耳に代表されるような日本語のように聞こえる英語は密かなブームとなっていたりする。そこを逆手にとって、聞こえたとおりにカタカナを当てはめれば相手に通じるんじゃないかといったことを、脳科学の視点を交えて真面目に解説した本である。

この本を読みながらまず感じたことは、日本人が今まで当てはめてきたカタカナが、いかに適当かといったことであった。appleでいえば「アップル」といったカタカナが当てはめられてきたが、ネイティブスピーカーの英語を聞く限り「エアーポウ」としか聞こえない。でも何故か日本では「アップル」であった。そら、通じるわけがない。でも日本にいると「アップル」が普通だから、それで通じる気になってしまう。日本での常識の「アップル」を捨てて、「エアーポウ」を使えば、多分通じる気がする。そのまま読んだだけで、ネイティブの発音に近いモノになるから。

もう一つ感じたことは、リエゾンの大切さである。日本語と違って英語はリエゾンする場合が多い。それを無視して単語単語で発音するから外国人に通じないということを改めて感じた。この本に載っている発音の8割くらいはリエゾン関係であった。日本にいると意識しないが、前の単語と後ろの単語を繋げて読むことが外国人にとっては普通なのであろう。

ボイスレコーダーを使いながら本書を利用していたが、カタカナを読んでいるだけなのに、英語のように聞こえていたことに驚かされた。また、英語をきちんと発音した場合は本書に書かれているカタカナ通りになる場合が多く、カタカナ英語も捨てたものではないなと思った。

後半には語学に関する脳の仕組みについての解説もあり、脳科学の本としても楽しめる構成となっているのは有り難かった。使う言語によって思考パターンが違ったりするらしく、日本語という言語の大切さについても改めて考える機会となった。
[PR]
by pyababy | 2009-08-25 02:28 |

単純な脳、複雑な「私」

単純な脳、複雑な「私」

池谷裕二 / 朝日出版社



著者が自身の母校である高校の生徒達に行った、脳科学に関する講義を纏めた本。
池谷氏の本は何冊か読んできたが、どの本も知的好奇心を大いに刺激してくれた。今回読んだこの本も例にならって読んでいてワクワクしたし、もっと知りたいという欲求が溢れてきていた。自分が一番使っている部位でありながらも、僕らには未知の世界である「脳」に対する興味は尽きない。

しかし僕みたいな一般人には、脳を研究する術を持っていない。ニューロンの動きを観察できる設備などもっているわけもない。だからこそ余計に、自分の知らない分野に対する興味が募るのかも知れない。

意識できている部分より、無意識の部分の方が大きいといった話
自由意志ではなく自由否定しか持っていないという話
なんかは面白かった。

難しい説明は僕にはできないから、興味が湧けば読む方が早いし面白い。
[PR]
by pyababy | 2009-08-24 02:02 |

アマゾン・ドット・コム

アマゾン・ドット・コム

ロバート・スペクター / 日経BP社



AmazonがどのようにしてAmazonになったのかを書いた本。

創業者のジェフ・ベゾスの生い立ちから始まり、
どのような仲間と出会い、どのような考えの基会社を興し、
そしてどのようにして発展させていったのか。

その一連の流れの裏側に見えるものは、
徹底した顧客視点と、できるまでやるという精神だろうか。

結果だけを振り返れば、勝つべくして勝った企業だと言えるが、
その裏には泥臭い仕事が沢山あったという事実に驚いた。

読んでいて必要ないと思う記述が多かったが、
企業を育てる/企業をつくるといった部分は大いに役に立つ本だったと思う。
[PR]
by pyababy | 2009-08-24 01:44 |

家日和。

家日和

奥田 英朗 / 集英社



家に住む人びとを語った、ほろ苦くてちょっと甘い短編集。

相変わらず色々な味があって面白いのだが、この短編集は、
かわいらしい皮肉がいっぱいちりばめられていて、
「あるあるww」というのと「ずきずき」といった2つの感情が心を行ったり来たりした。

妻と別居した夫が、自らの家を男の楽園へ仕上げていく「家においでよ」
ロハスを薦める妻とその友人達に振り回される小説家の苦悩を描く「妻と玄米ご飯」
この2つは特に秀逸かな。
[PR]
by pyababy | 2009-08-24 01:38 |

銀のアンカー

銀のアンカー 1 (ジャンプコミックスデラックス)

三田 紀房 / 集英社



2chで高評価だったので。

今年就活をした身としては、就活前に読んでおきたい内容であった。
就活を終えてみて感じることや、就活の中で体感したことが
漫画というわかりやすい形で書かれていたために、
これから就活を行う人間にとっては指針となるモノだと思う。

もちろんこれも一種のマニュアルではあるのだが、
思考の方法をつくるためのマニュアルであるため、
普通の就活本よりは効果的だとは思う。

特に、一般人があえて考えないようにする部分-しかし必要な部分-にスポットを当て、
それらが必要であると訴えていることは評価されるべき部分だと思う。

後輩に就活についてアドバイスをするなら、とりあえず薦める漫画かも。
ただ、嘘を嘘と見抜ける人じゃry
[PR]
by pyababy | 2009-08-21 01:38 |

独り暮らしをつくる100

独り暮らしをつくる100―YOUR OWN DOORS

川上 ユキ / 文化出版局



カバーとタイトルに引かれて買った。

デザインという観点から、独り暮らしに必要なモノ、
部屋のレイアウトなどを、イラスト付きで解説した本。

『「つくる」とは、「考える、決める、行動する」が3個1セットになった行為。』
といった文章が最初に書かれていた。

この「考える」と「決める」と「行動する」というのは何においても基本となる行為だと思う。
仕事においても恋愛においても、基本のプロセスは全てこれ。
そしてこれが完璧にうまくいったときは、何とも言えない達成感を得ることができる。

独り暮らしの部屋を「つくる」ことは、自己満足かも知れないけれども、
なにかと達成感も得られてすごく楽しい行為だと思う。

そして何よりも、自分の生活空間を自分で作るというのは、
自分の精神衛生上も至上の行為だと思う。

読んでいても楽しかったし、
自分の部屋をどのようにしていこうかという想像が、ひたすらにワクワクした。
自分が独り暮らしをするときは、部屋づくりに徹底的にこだわりたいなと思う。

読み物としてより、プレゼント向けかなこれは。
[PR]
by pyababy | 2009-08-20 00:55 |

なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか

なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか 記憶と時間の心理学

ダウエ・ドラーイスマ / 講談社



これもタイトルに釣られて。

時間の経過云々というよりは、人の記憶についての本。
記憶の方法から記憶障害まで多岐にわたる内容は、知的好奇心は刺激する。
ただ、タイトルについての回答がいまいちなのがなんともいえない。

この手の翻訳本は、日本の出版社が馬鹿みたいなタイトルばかり付けるから、
内容とタイトルの乖離が起こっていて面白さを半減させる。

時間の経過云々を期待して読んでしまった僕にとっては、
タイトル負けすぎて非常にイライラした。

出版社は売ればいいとしか考えていないのだろうとひしひしと思った。
[PR]
by pyababy | 2009-08-20 00:44 |

ナンパを科学する

ナンパを科学する ヒトのふたつの性戦略

坂口 菊恵 / 東京書籍



タイトルに釣られてみた。

内容としては・・・うーん。。
視点も面白いし、新しく得ることは多いのだけれども、
調査方法の解説なんかが本論より多かったりして読んでいてうんざり。
あとはその分野で書かれた論文を軽く纏めただけの内容だった。
専門書としてはいいかもしれないけど、一般人の読み物としては微妙かも。
[PR]
by pyababy | 2009-08-20 00:39 |

歴史を動かした名言

歴史を動かした名言 (ちくま新書(548))

竹光 誠 / 筑摩書房



タイトルにひかれて読んでみた。
世の中には色々な名言が溢れているが、その名言を深く理解するためには、
その言葉が発せられた背景や発せられた理由を知る必要がある。
いわば名言の裏側を中心に描いた本がこの本である。

とはいえ取り上げられている名言が少なく、
選んだ基準もよくわからないものが多かったため満足度は低かった。
ちょっとした雑学本としてはいいかも。
[PR]
by pyababy | 2009-08-20 00:35 |