日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

最短距離

世の中の多くの場で語られる仕事論って、
「最短距離」をいかにして走るかという観点から語られていることが多い気がする。

「具体的な目標を、いつまでに達成する。」
なんて仕事のやり方はそれの最たるもので、
「最短距離」を走るためには「最短距離」の道しるべとなる「目標」を、
いかにうまく立て、それにむかって「いかに走るか」というものが大事で、
そうやれば「うまく走れますよ」といったことがコアにあると思う。

でもそれって、なんだかなーとおもってしまう。

最短距離を走るのって、つまらないんだよね。

僕は今まで、多くの場合で最短距離を選んで走ってきた。
だからこそわかるんだけど、それってすごくつまらないんだよね。

最短距離を走るってことは、それ以外には目を向けないってこと。
だから、つまらない。

もっと楽しいことがあるのに、それに気づくことを意識的に排除する。

確かにそうやって動けば、「最短距離」は走れるし、
きっと仕事もうまく回るんだと思う。

だけどその行動を振り返ってみたときに見えるものは、
多分何もなくて、ただ単に最短距離を走った事実が残るだけ。

「時間の無駄をなくそう」っていうのも同じ観点からあんまり好きじゃない。
そもそも、無駄ってなんなの?と思う。

時間の無駄ってことの意味をちゃんと考えたのかなって。

もちろんその意味は人によって違うから、僕がどうこう言うことじゃないけど、
僕にとってはいろんな本に書いてある「無駄な時間」ってのが、
実はすごく大切な時間なんだなってことは経験として理解してるつもりだ。

だからこそ、そんな考え方が好きになれない。

ぼーっとする。
しょーもないはなしをする。
それはそれで、最短距離とはほど遠いけど、いいんじゃないの?って思う。
[PR]
by pyababy | 2010-11-24 23:56 | 日常

整理

今の仕事は、やめることに決めた。

前々から思っていたことだが、
40になってもこの仕事をしている自分が想像出来なかった。

そんな理由は建前で、
自分の嫌いな自分になるのが厭だったというのが決めてであった。

とはいえ今すぐにやめるわけではなく、
最低でも3年、最長でも10年は今の会社にいるつもりである。

理由は、金銭面という現実的な理由と、
経験面というこれまた現実的な理由からである。

今の僕に今の会社以上に給料を支払う会社はなかなか無いだろうし、
ここの会社以上になんらかの経験を積める会社もなかなか無い。

その二点が、「理」として自分の中で大きく働き、
今すぐにこの会社を辞めるという結論を導き出すことはなかった。

ただ、決めたことは、続けるのではなくやめるということだけである。

具体的にいつやめるのか、次は何をするのか。
その辺のことは、まだまだ未定である。

「辞める」という視点を持ってみると、
会社の中でいろいろな部分が見えてくる。

参考にすべき点、変えるべき点、もろもろの、
社内の人間では「見えないふり」をすべき部分が見えてくる。

その辺りのことを色々見て、見切りをつけることができたときが、
今のところの辞めどきだと思っている。

辞めることに決めるのと、実際に辞めることは別の行為だと思う。
そこの違いを理解してくれる人が少なくて、
辞めるって話をすると大事にされるからちょっと困る今日この頃。
[PR]
by pyababy | 2010-11-24 23:45 | 日常

思考停止

まがりなりにも働いていると、なんだかんだでめんどくさいことや、
きついなーと思うようなことはあったりする。

社会人は辛いんです的なことをいうつもりはないが、
事実としてそんなことはある。

日々雑多なインプットを行うため、
ひとつひとつを深堀して考えていくと、
らちがあかなくなるため、ある程度のラインで思考をきりあげることとなる。
その事自体は、仕事を効率よく進めるためには仕方がないことなのだとは思う。

だけどなんていうか、
本来ならもっと深く考えなければならないことまで、
思考停止してしまっているときがある。

特に、人の気持ちに対しての部分と、
ネガティブな思想に関しての部分、
そして、人生にたいしての問いの部分である。

人の気持ちをスルーして何かを頼んでしまうことが多くなった。
ダメなことだとわかっていても、
余裕がなくてそこまで頭が回らないことがある。

ネガティブなことは、できる限り考えないようにしている。
だけど、それを考えなくなってから、
人間として薄くなったように思う。

人生について、考えることが減った。
なぜ生きるのかだとか、仕事の目的だとか、
どんな風にいきたいかとか、そんな感じのほんとは1番大切な問い。

考えない方が楽なことなんだけど、
それを考えなくなってしまった自分を、
多分自分が好きになれないと思うんです。

自分の嫌いな自分にはなりたくないなという、
楽とは正反対のことは、
これからもしていかなあかんのだろなと思うわけです。

まとまらない。
[PR]
by pyababy | 2010-11-17 22:05 | 日常