日々垂れ流し。
by pyababy
カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

人生のやりがいというものを考える

仕事のやりがいという言葉はよく耳にするのだが、
それより上の概念であるはずの、
人生のやりがいについてはあまり耳にしない。

よく言う言葉で言えば、生き甲斐という言葉になるのだろうけれども、
それとはまた少し違う。

生き甲斐は、生きる目的をさすが、
やりがいは、やったことに対しての自分の満足感などをさす点において、
多少なりとも意味が違うように感じる。


-----
職場の先輩達と久しぶりに飲みに行ったときにしていた会話が、
僕には別の世界の人間が話す言葉のように聞こえた。

彼らは、「仕事」という狭い世界の中で、満足感を得るために動いている。
僕は、「仕事」という世界ではなく、「生きる」中での満足を得たいと考えている。

多分その部分の前提が違うために、彼らの話の理解は出来ても、
共感ができなかったりした。

仕事をして家を買う。
僕にとって、それは、「たかがそんなこと」でしかない。
大事なことでもないし、目的でも何でもない。

仕事がうまくいく。
これに関しても、正直なところどうでもいい。

顧客に対して不満がある。
僕は、正直なところ何も感じない。

多分、どれもこれも、会社の仕事という他人事の世界だからこそ、
僕にとってはどーでもいいことで、
何も感じないんだと思ったりする。

あまりうまく言語化できないが、
自分が主体でも何でもなく、
自分が頑張ったところで潤うのは会社であって、
自分の行動にはさして意味がないというところが、
僕にとって「会社での仕事」が大きな意味をなさない理由なのだと感じている。

まあこんなことは会社に入る前からわかっていたのだけど、
最近そんなことを身にしみて感じている。

でもそれと同時に、
他人事だからこその楽さに惹かれる部分がある。

無茶したところで困るのは会社だし、
多少失敗したところで僕の人生に大きな影響はない。

だけれども、そんなんでいいのかなと、思ったりする自分がいる。
それであなたは満足なの?と。

そうやって生きることって、自分の嫌いな自分になることじゃないの?と。

なんか答えが出ない。
まだまだ考えるためのパーツが足りない。

僕の人生のやりがいってなんなんだろうな。
もうこれ完全に愚痴になってチラ裏だな。
[PR]
by pyababy | 2011-05-26 01:06 | 日常

人から何かを与えられること。

書かないといけない気がしたので、久しぶりに駄文を書く。

友人の日記に、被災地でのボランティアを行ってきたといった内容が書かれていた。
相変わらずの彼の行動力に感服すると同時に、
自分は何をやってるんだろうという思いがまず初めにあふれてきた。

結局のところ、自分は何もしてない。
僅かばかりの募金と、献血くらいか。

それが何の足しになるのかも解らないし、
何かの価値を与えられたとも思っていない。

彼の日記には、
「自分が被災地の方へ与えられたものよりも、
明らかに多くのものを受け取った」
といったニュアンスのことが書かれていた。

被災地での状況の話よりも何よりも、
僕としてはその部分に何かを感じた。

あまりうまく言葉に出来ないのだが、
自分の小ささとでもいうのだろうか。やるせなさとでもいうのだろうか。

日々生きていく中で、多分僕も誰かと関わって、
仕事をしたりして、自分なりにどこかの誰かに何かを与えられてたのかなとか、
そんなことも思ったりもした。

だけど現実はそうじゃなくて、僕はまだまだ受け取ることの方が多くて、
誰かに何かを与えられたなんて大それたことを感じたことはない。

受け取るばかりでいいのかな。

それを今、強く思っている。
学生の身分の間は、多分それで良くて、
今まで受けた何かを返していくための準備フェーズであったと思う。

だけど今の僕は、その立場ではなくて、
誰かに何かを与えていかなければならない時期に来ているのではないかと思う。

だから、彼の言葉がひっかかったし、
それを実現出来ていない自分にいらだちを覚えるのだと思う。

「付加価値を生み出すこと」
それが僕の属する会社から僕に求められていることなのだけれども、
その部分において自分が何かを貢献出来たとは思えない。

多分、というか間違いなく、なんら価値を生み出していないし、
会社からもまだまだ与えられるだけでしかない。

それで自分は納得出来るのかなと、自分に問う。
もちろん答えは否となる。

自分が多分ひっかかってたことが、やっとクリアになった。

今の会社への一番の未練は、間違いなくそこだ。
何も与えないまま会社を去るという選択は、
自分自身に納得出来るものなのかがわからない。

何かこう、もっと、やれることがあったんじゃないかと思う。

よくわかんねーや。

せめて、人に何かを伝えられる人にはなれたらなと思う。

と書いてみて思ったが、
僕がやりたかったことは間違いなくそこだったりするのか。

もう少し言葉を具体化するならば、

「人に何かを伝える力を持たない人(専門知識を持たない人等)の代わりに、
もっと効果的な方法を用いて、言葉や気持ちを代弁する仕事を行いたい」

理由はわからないが、
何となくそんな感じのことがしたかった。

多分それは、
僕が人に何かを伝えるという点において、すごく悩んだ経験が多いからというのもあるし、
人の気持ちや言葉の整理をするのが好きだということもある。

思考の言語化のサポートとでもいうのだろうか。

人に与えるまではいかなくとも、
人に何かを伝えられる人。

せめてそこまでは、たどり着きたいなとは思う。

よくわからんくなった。
[PR]
by pyababy | 2011-05-12 23:03 | 日常