日々垂れ流し。
by pyababy


何故働くのか。

明日というか今日は内定式である。
正直なところあまり行きたくない。
もう少し学生をしていたいという甘えが心にある。

内定をいただいてから、自分に1つだけ宿題を課した。
それは「働くこととは何か」という問いに答えを出すということだった。

深い理由はないが、この際真面目に考えてみようと思って、
自分に問いを課し、ことあるごとに考えていた。

見つかった答えは、「とりあえず働いてみること」だった。
やってみないであれこれ語るのも好かないというのが大きな理由だ。

相変わらず働くということについてのテンションは低いが、
「とりあえず」働くことに関しては異存はない。

ただ、40年同じ会社、同じ職業を続ける気はさらさらない。
多分どこかで辞める。
3年後か5年後か10年後かわからないが、
その時にはまた今とは違う何かで、
「働く」という根本的な問いに向かい合うのだろう。
[PR]
by pyababy | 2009-10-01 00:36 | 日常
<< 内定式のお話。 コントロールではなく、動かすこと。 >>