カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


図書館を使い倒す!

図書館を使い倒す!―ネットではできない資料探しの「技」と「コツ」 (新潮新書)

千野 信浩 / 新潮社



資料を調べる際の図書館の有用性を述べた本。

現在はネットで資料を探すことがメインとなりつつあるが、
調べる対象によっては明らかに図書館の方が便利な場合が多い。

しかし僕らは図書館の使い方をきちんと理解していないために、
目的とする資料を見つけることができていない。

その状況に喝を入れることを目的に書かれた本であった。

餅は餅屋という言葉が似合うのが、現在の情報検索なのだと思う。
ネットにはネットの利便性があるし、図書館には図書館の利便性がある。

ネットにはGoogleやYahoo!があるように、
図書館にも国会図書館や専門図書館が存在する。

目的とする情報を手に入れるためには「どの餅屋」を使えばいいのか。
そこを理解することが大切であるように思う。

そのためには、各図書館やメディアの特徴を把握しておく必要がある。
情報の引き出し方を知っているということは、
現在において大きな武器になるといったことを感じさせてくれる良書であった。
by pyababy | 2009-10-14 22:25 |
<< オレ様化する子どもたち READING HACKS! >>