争義不争利

「義と利」、どちらを選ぶかといわれれば、表面上は利を選ぶだろう。
でも内心としては、義を選びたい。

僕が生きる国では、過去には義を大切にしていたが、
今は欧米と同じく、利を中心として動いている。

過去の日本の美しさを考えたときに出てくるのは、
義を大切にしたために起こった事件があまりにも多いということ。

主君への義であったり、部下への義であったり、
形はそれぞれでも利益ではない何かのために身を捧げる姿勢が、
僕としてはすごく格好良く、美しいものに思えていた。

そして、義を尊ばないことは恥とされた文化が、好きでした。

今の利益だけを求める社会も、自然の流れとしては当然のことだと思うし、
しょうがないことではあるし、納得はしている。

だけど心の奥底では、利益だけじゃなくて
もっと他に大切なものがあるんじゃないかって、誰もが思っていると思う。

よくいわれる、金を稼ぐことだけが全てなのか?
といった拝金主義に対する批判なども元をたどればそこだろう。

「資本主義社会だから当然のこと」とされていることがあまりにも多いが、
正直いって今の日本や世界の在り方は、僕の美学からは大幅に外れている。

金を稼ぐだけでは幸せにはなれない。
そんなことは分かり切っているはずなのに、生きるためには金が必要で
金を稼ぐためには誰かを蹴落とすことが必要で、
それ以外のことにかける時間は軽視される。

こんな世界にうんざりしてる。

だけど僕の力では、この世界の流れを止めることは不可能に近い。
それくらい人間の欲は深いし、利というものの魅力は大きい。

そんな中でも、僕はできることなら義を大切にしたい。
ノリの良さとか上辺だけの義ではなくて、
心から人を大切にして、生きる世界を大切に思いたい。

できることならば、利は争わず、義を争えるような人間になりたい。
[PR]
by pyababy | 2007-05-30 01:47 | 日常
<< 5年先の自分 自殺をめぐる疑惑と。 >>