カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


他人が評価するもの

音楽であったり、本であったり、色々なものを人々は評価しています。

評価が高い=売れる
この図式は必ずしも成り立たないんですが、少なくとも誰かがいい評価を付けているもの、あるいは売れているものは、何かしらのいいところが存在します。

日本の音楽だと、所謂ジャニーズ系ってものは何故だか売れます。

バンドをしている人であったり、コアなロックのファンからすると、
こんな糞みたいな音楽がなんで売れるんだ、、、みたいな感は受けると思います。

でも音楽性というものを、演奏技術であったり表現力なんてもの以外のもので考えると、案外ジャニーズ系の音楽ってものも悪くないと思うわけです。

評価をされているところは、音楽だけでないってことです。


少なくとも誰かが良い評価をしているものというのは、
良いと思うだけの理由は必ず存在します。

その理由を素直に受け止められるかどうか。
全てはそこにかかっていると思います。

他人が高い評価をしていても自分はつまらないと思うものは多いと思います。
だからといって、頭ごなしに批判をするのではなくて、少なくとも自分以外の誰かが良いと感じたところを、素直に受け入れられるような人になりたいです。
by pyababy | 2007-06-10 01:27 | 日常
<< 音楽性の違い 麻疹で暇な平日に >>