カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


感情を言葉に。

自分の感情そのままに生きることができたならば、
どれだけ楽に生きられるんだろう。

いいたいことすら素直に言えない自分が少し悔しい。

「ありがとう。」っていいたいときにも、強がっちゃったり恥ずかしがっちゃったりして、
全然違うことをいっちゃったりする。

「ごめんね。」って言葉もかなりいいにくい。
心の中では謝ってるんだけど、口から出る言葉は全然違うものになってて、
口に出してから後悔することがすごく多い。

あそこでもっといい言葉が言えたはず。
そんなことはいくらでも思ったことがあっても、本当に伝えたかった言葉とか、
そのときの伝えたかった感情を素直に伝えられたことって、
ほんとに数えられる程度しかない。

心の底から溢れる言葉を、素直にそのままいいたいって思う。

すごく簡単なことなのに、いつまで経ってもできない。
理性と本能の葛藤っていったら大げさだけど、
その気持ちそのままに伝えることができないってことが、かなり辛いときもある。

そんなことすら考えることもないくらい、本能そのものの感情で動けるような状況、
あるいはそのような物、人に出会うことができたら幸せなのかなとも思う。
by pyababy | 2007-06-28 00:27 | 日常
<< 6月病 築地 >>