カテゴリ
全体
日常

転職
未分類
以前の記事
2016年 01月
2015年 12月
2015年 04月
2014年 10月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 01月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ギャル男すげえよな

彼らには俺にはない行動力がある。
女を落とすであったり、女としゃべるであったり、そんなことに関してのみ。

でもそのことに関してはみんなガチ。
髪の毛のセットも女より時間かける毎日一時間。
服も糞高いギャル男の服を必死こいて着る買う。
日サロもたまにかよう。髪も染める。香水も高いの。
そして流行りの言葉も覚えてとりあえずノリだけは良く。

正直その点においては真面目に尊敬できる。

俺とか髪の毛も最悪ニット。
服は安くてそれなりに見えるもので我慢。セールらぶ。
日サロ行かない髪は安いところで我慢香水なんてテラヤスイ。
ノリは気分次第の言葉は好きなのしか使わない。

まあそれだけ頑張ってる彼らと、特に何も頑張ってない僕とで、
女のより具合が違って当然だと普通に思います。

俺にはそんなに必死になれないし、もてなくてもいいかなとも思ってしまう。

いやマジネタじゃなく尊敬はしてる。
その労力を他のことに使ったらええんちゃうかと思ったりするけど、
毎朝見るギャル男には正直感動してる。

自分が舐めた格好してるのがすごく申し訳なく感じる。
俺今日とか上から下までで一万切ってるぜwwwwwとか思ってるのが
ほんと彼らを馬鹿にしてるみたいで悪く思う。

だから俺は彼らを応援してる。
でも俺にメンチ切るのやめてくれ。
イライラするんだマジで。

とまあ、彼らはその女という点においてはある意味でマスターしてるわけです。
実際に女が付いてきてるかはわからないけど、
少なくとも必要とされる努力はしてきてるわけです。

多分彼らの大事な一番順位の高いものが女であっただけで、
彼らはきっと他のことでも真面目にやればできるんだと思います。

やればできるとかそんな言い訳とかせずに、
見た目だけでもギャル男になれる彼らが少し羨ましくて尊敬してます。

きっと僕もやればできるんだろうけど
やりたくないですwwwwwwwwサーセンwwwwwwwwwww
内心あいつらアホだろwwwwwって思ってますサーセンwwwwwwwww
by pyababy | 2007-10-22 00:57 | 日常
<< 読み終えることのできない本 障害者の気持ちと差別。 >>