<   2008年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

真実を知りたくない「らしい」こと。

書くかどうか迷いましたが、書きます。


僕の知り合いが、自殺した「らしい」です。

なぜ「らしい」にとどまるのかと言えば、彼女とはNET上での繋がりしか無く、僕には彼女の生死を直接確認する術がないからです。ただ、手元にある情報から判断する限りは、その「らしい」は真実であるようです。

人が生きていようが死んでいようが、連絡を取らない限り大差はない気がしていました。多分今まで僕が生きてきた中で、連絡を取らなくなった人の中には亡くなられた方もいるかもしれません。ですが僕が彼らの死を知らない限り、例え死んでいたとしても、僕の中では生きていることになります。人の死を知る術がない場合、僕の中での彼らはずっと生き続けているのです。

亡くなられた彼女と、いつか酒を飲みたいといった話をしていました。
そのいつかがこない「いつか」になってしまったことが、哀しいです。

いつでも話せるから、また今度はなそう。
そう思っていた自分が悔やまれます。

人の死をNETで知ることになるとは、思ってもいませんでした。
僕が死んだら、多分NET上の知り合いは、そのことを一生知らずに生きるでしょう。それがいいのか悪いのかは僕には判断できません。ただ今までの僕は、それが良いことだと思っていました。知ることが辛いことであると。でも一概にそうと言えるわけでもなく、自分の死を生前付き合っていた人間に知ってもらえることは、良いことなのかもしれません。


たまに思い出す彼女との「いつか」が、永遠にこなくなってしまったこと。
「らしい」が真実であるらしいこと。

知りたくないことだとしても、知らなければいけない二つの事実が、
僕の中での彼女の死ということなのかもしれません。

色々と話せて、楽しかったです。ありがとう。
[PR]
by pyababy | 2008-10-12 23:25 | 日常

ゆとり?

たかだか二年の違いで、ここまで違うのかなと思うときがあります。
僕が今所属している団体の中で、僕の立ち位置は結構上のポジション(年齢的に)なために、年下の指導をしなければいけないのですが、これはもうゆとしとしかいいようがない行動が目立ってあまりにもイライラしたりします。

多分これは彼らが悪いのではなくて、教育が悪いのだと信じていますが、いかんせん指導が大変すぎて心がおれそうだったりします。

僕にしてみたら、解らないところがあれば自分で調べるのが当たり前で、指示を待つよりはひとまず自分の出来ることを探したりするのも当たり前だったりするのですが、誰かから何かを言われるまで何もしなかったり、誰かから教えてもらうまで調べなかったりと、僕にとっては不思議な行動を日々とっています。

よくわかりませんが、彼らはあの状態で社会人になれるのかが気になります。
それと同時に、高校までの18年間に何をしてきたのでしょうか。
気になります。

ただ今はゆとりが悪いとかどうとか言う前に、やらなければいけないことをやらないと、やらせないといけないので日々ストレスが溜まるばかりです。

二年前の僕はここまで自主性とかもなかったのかもしれないのであまりきついことはいえませんが、少なくともこれくらいはやったよなーと思ったりします。

彼らを適材適所なポジションに置けなかったり、彼らを伸ばす指導をきちんとできなかった僕の問題でもあるのですが、ある程度なのある学校の一番偉いとされる学部のさらには一番きついと言われる団体に自ら所属している人間がこの程度だと思うと、今後の日本が本気で心配になったりします。

働き出したら彼らをいつかは部下に持つので、今のうちから彼らの生かし方を必死こいて学んでおきたい次第であります。
[PR]
by pyababy | 2008-10-07 00:54 | 日常